MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 05月 04日

美山かやぶきの里(前編)

b0169330_22572696.jpg
昨年のGW後半、南丹市にある「美山かやぶきの里」を訪れました。(2009年5月9日訪問)



b0169330_22573467.jpg
日本の原風景とも言えるような茅葺き屋根の民家が連なる風景が広がります。
b0169330_22574296.jpg
かやぶきの里と言えばお馴染みのこの郵便ポストの風景。
b0169330_22574913.jpg
懐かしくもずっと大事にしたい・・・
b0169330_22575595.jpg
日本の古き良き時代の風景がここにはあります。
b0169330_225822.jpg
ここでは今も普通に人が住み・・・
b0169330_2258830.jpg
生活の営みが繰り返されています。時間が止まったかのような風景ですね。
b0169330_2258217.jpg
気持ちのいい青空の下で・・・
b0169330_22582678.jpg
風に泳ぐこいのぼりも気持ちよさそうです。
b0169330_22592538.jpg
ふと風が止んで、一休み^^
b0169330_22591296.jpg
緑の山々に抱かれた・・・
b0169330_22591928.jpg
かやぶきの里。
b0169330_22583983.jpg
そんな風景を見ながら集落の中を歩きます。
b0169330_22584514.jpg
木々の新緑も鮮やかに
b0169330_22585177.jpg
辻辻に植えられた花々も
b0169330_22593126.jpg
美しく
b0169330_22585875.jpg
茅葺を彩ります。
b0169330_2301020.jpg
集落のはずれに小さなお寺がありました。
b0169330_22595144.jpg
普明寺というお寺です。
b0169330_22594568.jpg
村で唯一のお寺のようです。
b0169330_22595848.jpg
そんな村の守り神とも言える石仏たち・・・
b0169330_22593823.jpg
この村の歴史の数だけ人々を見守ってきたことでしょう。
b0169330_230489.jpg
b0169330_230165.jpg
お寺を下る途中の道端に見つけたタンポポの穂・・・
b0169330_2302913.jpg
昔の日本ではどこにでもあった風景が、ここ美山では当たり前のように広がっていました。

by kyoto-omoide | 2010-05-04 14:30 | 京都(新緑) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 美山かやぶきの里(番外編)      京都に泊まる①(宿坊 智積院会館) >>