MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 11日

新緑の妙心寺塔頭巡り -桂春院-

b0169330_221568.jpg
続いて「桂春院」です。(2008年5月3日、2010年4月29日訪問)



b0169330_22151152.jpg
山門をくぐり・・・
b0169330_22151617.jpg
緑濃い境内を進み、庫裡で受付をして中に上がります。
b0169330_22174517.jpg
まず見えてくるのが、「清浄の庭」です。
b0169330_22152198.jpg
その先には緑美しい露地庭園があります。
b0169330_2215023.jpg
差し込んだ太陽の光に、緑が浮かび上がりました。
b0169330_22142927.jpg
清々しい緑のこのお庭は・・・
b0169330_22162618.jpg
「侘(わび)の庭」と呼ばれています。
b0169330_2216325.jpg
この庭は、書院から茶室既白庵へと通じる露地庭で、
b0169330_2217666.jpg
梅軒門と猿戸によって内露地と外露地に分けられています。
b0169330_2217010.jpg
置かれた苔に覆われた蹲踞など、侘びの風情が広がっていました。
b0169330_2216549.jpg
差し込む光に、
b0169330_2216137.jpg
青モミジが輝きます。
b0169330_22171257.jpg
侘の庭の先、方丈の東側に広がるのが、「思惟(しい)の庭」です。梅軒門より飛石が延び、露地風の趣きのある庭園です。
b0169330_22152969.jpg
そして、方丈南側に広がるのが、
b0169330_22145655.jpg
「真如(しんにょ)の庭」。
b0169330_22165392.jpg
新緑に隠れるように、
b0169330_22164057.jpg
ツツジが咲き始めていました。
b0169330_22154672.jpg
方丈南側の崖をツツジの大刈込みで覆い、その向うは一段低くなったところに楓などの樹木が植えられています。
b0169330_22144080.jpg
b0169330_22153720.jpg
紅葉の美しさも想像できるお庭ですね。
b0169330_22144693.jpg
庭に降りることもでき、裏側から方丈を眺めると・・・
b0169330_22145165.jpg
楓が方丈を覆いかぶさんばかりに高く伸びていました。
b0169330_22164635.jpg
まばゆいばかりの新緑の美しさに心も清々しくなります。
b0169330_22173196.jpg
訪れる人も少なく静かな時間が流れていました。
b0169330_22172590.jpg
薫風が吹き抜けるお堂でゆっくりと新緑の庭を楽しむことができました。

by kyoto-omoide | 2011-05-11 16:00 | 京都(新緑) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新緑の妙心寺塔頭巡り -大法院-      新緑の妙心寺塔頭巡り -大心院- >>