MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 22日

初秋の清水寺へ(後編)

b0169330_13461114.jpg
清水寺に近い片泊まりの宿「京都 東山荘」に宿泊しました。(2009年9月22日宿泊)



b0169330_13463099.jpg
清水坂の途中にある東山荘は、清水寺まで徒歩5分、高台寺へ10分ほどと東山観光に絶好の位置にあるお宿です。
b0169330_13462643.jpg
元は健保の宿だったということもありシンプルな建物ですが、
b0169330_13463364.jpg
施設も新しく、立地に比して比較的リーズナブルな料金で宿泊することができます。
b0169330_1346716.jpg
お部屋もシンプルながら清潔感に溢れ、ゆっくりできます。今回な清水道側のお部屋でしたが、反対側のお部屋の窓からは八坂の塔が間近に見えるそうです。
b0169330_13461986.jpg
あくる日、早朝に起きだし、向かった先は・・・
b0169330_13473967.jpg
やっぱり清水寺^^
b0169330_13474860.jpg
少し早かったようです^^;
b0169330_13475271.jpg
6時に開門になり、境内を通って奥の院に立ちます。
b0169330_13483876.jpg
b0169330_13475948.jpg
雨に濡れた清水の舞台と周りの緑が美しく広がっていました。
b0169330_13475620.jpg
昼間の大勢の人で賑わう清水寺とまた違った世界が広がります。
b0169330_1348776.jpg
しばし静かな境内を味わいます。
b0169330_1348340.jpg
これこそが贅沢な時間と感じます。
b0169330_13481459.jpg
奥の院には6時半が近づくとご近所の方がたくさん集まってきて、日本一贅沢な場所でのラジオ体操が始まります^^
b0169330_13482630.jpg
奥の院から少し進むと清水寺の全景が見えてきます。
b0169330_13483135.jpg
まだ街も眠るこの時間帯の境内は、爽やかな空気に包まれています。
b0169330_13484476.jpg
子安の塔への階段の途中からは清水寺の全景を真正面から見ることができます。
b0169330_13485070.jpg
美しいその姿は見飽きることがありません。早朝の静かな清水寺を満喫することができました。
b0169330_13485634.jpg
こちらは清水寺の仁王門の左側にある地蔵院善光寺堂。
b0169330_1349291.jpg
こちらには変わったお地蔵さんがいらっしゃいます。
b0169330_13473530.jpg
首が360度一回転する首振地蔵さん。
b0169330_13491556.jpg
首をぐるっと回転させてからお願いすると願い事がかなうと言われています。合掌してからお首を回させていただいてお参りをしました。
b0169330_13461531.jpg

清水道を下って宿に戻ると・・・
b0169330_13464098.jpg
朝ごはんが待っていました^^
b0169330_13464440.jpg
ボリュームたっぷりのおばんざい&お漬けもんの朝ごはんです。
b0169330_13463794.jpg
特にお漬けもんは7種類の豪華版。
b0169330_13465881.jpg
おかずも美味しくご飯が進みました^^
b0169330_13471564.jpg
食後にはデザートとコーヒーをいただき、ゆっくりさせていただきました。早朝の清水寺散策の後の朝ごはんは格別の美味しさでした^^

by kyoto-omoide | 2011-09-22 05:55 | 京都(宿泊) | Comments(2)
Commented by 京都大好きっ子 at 2011-09-22 20:29 x
こんばんは。

人っ子一人いない清水坂や清水寺・・・早朝にお散歩すると、こんな
光景があるんですね!日中では考えられない一面です。

我家から京都まで1時間もかからないので、京都で宿をとるという事は
選択肢にありませんでしたが、こんなに清々しい、贅沢な朝を迎えられるのならば、一度は経験しなければ・・・と思いました。
それに清水寺でラジオ体操もしてみたいです。

今年の秋はまたまた新しい体験や発見ができそうです。

いつもいつも私の知らない京都を教えていただき有難うございます。

Commented by kyoto-omoide at 2011-09-23 21:34
京都大好きっ子さん、こんばんは。
私も京都に住んでた時はさすがに宿に泊まることはありませんでしたが、
京都を出てからは「京都に泊まる」という新たな楽しみが増えました。
早朝の清水寺の清々しさは格別ですので、是非体験してみてください^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 岩手ことりっぷ -平泉-      初秋の清水寺へ(中編) >>