MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 12月 19日

初冬の大原へ -実光院-

b0169330_22335821.jpg
続いて、勝林院の手前にある実光院を訪れました。(2008年12月25日、2009年12月12日訪問)



b0169330_22335466.jpg
小さな山門くぐり、
b0169330_2234261.jpg
玄関へと進みます。
b0169330_22342154.jpg
受付を済ませ客殿に上がります。
b0169330_2234934.jpg
広がる庭園は契心園と呼ばれ、
b0169330_22341286.jpg
江戸時代に作庭された池泉観賞式のお庭です。
b0169330_22341754.jpg
喧噪とは無縁の静かな空間に心も安らぎます。
b0169330_22342584.jpg
こちらも拝観料にお抹茶がついています。
b0169330_22342946.jpg
お庭を眺めながらゆっくりいただきました。
b0169330_22354613.jpg
お抹茶をいただいた後は、契心園のお庭を歩きます。
b0169330_22354172.jpg
大原の山々が間近に見える庭園が広がっていました。
b0169330_2236474.jpg
b0169330_22353239.jpg
こちらの庭に咲くのが、
b0169330_22355430.jpg
秋から春にかけて咲く桜・・・
b0169330_22343857.jpg
不断桜です。
b0169330_22345464.jpg
春の桜と異なり、秋から次の年の春まで咲き続ける珍しい桜です。
b0169330_22344388.jpg
花こそ小ぶりですが、彩りの消えた初冬の風情が、より美しさを高めてくれました。
b0169330_22355892.jpg
この頃には、桜の花と柿の木というこのお庭ならではの風景に出合うことができます。
b0169330_22344823.jpg
b0169330_22345920.jpg
冬の寒さの中で健気に咲く桜の花は、
b0169330_2235573.jpg
清楚な中にも力強さを感じさせてくれました。
b0169330_22351057.jpg
不断桜の下には観音様が、
b0169330_22351620.jpg
冬とは思えないような華やいだ中にいらっしゃいました。
b0169330_2235264.jpg
不断桜を愛でた後は庭園を歩いていきます。
b0169330_22352167.jpg
奥には茶室理覚庵が見えています。
b0169330_22353648.jpg
つい先日。大原には初雪が降りました。大原の里はこれから厳しい冬を迎えます。

by kyoto-omoide | 2011-12-19 10:00 | 京都(初冬) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 初冬の宇治 -平等院の夕景-      初冬の大原へ -宝泉院- >>