MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 15日

新緑の東山巡り -清水寺・夕景-

b0169330_2326821.jpg
新緑に包まれた清水寺を訪れました。(2010年5月1日訪問)



b0169330_21185157.jpg
訪れたのは日も傾いた時間帯。
b0169330_21184648.jpg
境内を歩いていると燈籠のまわりを彩るボタンの花が目に入ってきました。
b0169330_21185667.jpg
近づいてみると木立の中にが日差しのスポットライトに照らされていました。
b0169330_2119131.jpg
清水寺にボタンがあるのは知らなかったので、京都の街を背に咲くボタンも新鮮な感じがしました。
b0169330_2322558.jpg
b0169330_2323064.jpg
放生池から新緑に包まれた三重塔を見上げると、
b0169330_2323438.jpg
そばでは遅咲きの桜が残り花を咲かせていました。
b0169330_2323910.jpg
見上げる清水の舞台も、
b0169330_23231356.jpg
新緑の真っただ中。
b0169330_23232157.jpg
b0169330_23232821.jpg
舞台の足の木組みから漏れる夕日が青紅葉を浮かび上がらせるように照らしました。
b0169330_23233569.jpg
b0169330_23234732.jpg
舞台の下にはシャガの群落が、
b0169330_23235415.jpg
薄暗いお堂の下で明るく咲き誇っていました。
b0169330_2324034.jpg
b0169330_2324791.jpg
b0169330_23241354.jpg
多くの人が順番待ちをしている音羽の滝の横を階段を上っていくと、
b0169330_23242083.jpg
奥の院から清水寺の本堂と京都の街を見渡します。
b0169330_23242743.jpg
ちょうど春の夕日が西山に傾き、
b0169330_23243551.jpg
落日まではもう少しという時間帯でした。
b0169330_23244230.jpg
一旦、子安の塔のほうへと歩いていくと、
b0169330_23244928.jpg
緑鮮やかな木々の向こうに、
b0169330_2325245.jpg
清水寺の全景を正面から見渡すことができました。
b0169330_23254133.jpg
b0169330_23251367.jpg
清水の舞台には夕方になってもたくさんの参拝者がお参りされていました。
b0169330_23252090.jpg
新緑に埋もれるような境内は、
b0169330_23253570.jpg
むせかえるような若葉の匂いに包まれていました。
b0169330_23254850.jpg
日もだいぶ傾き、空の色が変わってきました。
b0169330_23255497.jpg
奥の院に戻り、落日の風情を味わいます。
b0169330_2326126.jpg
西の空の彼方には雲が広がっていて、
b0169330_23261499.jpg
夕空が一際の輝きを放ちました。
b0169330_23262185.jpg
一瞬、最後の姿を見せた夕日が、
b0169330_23262653.jpg
雲の向こうに消えていきました。
b0169330_23263892.jpg
一瞬の静寂の後、空がオレンジ色へと染まっていきます。
b0169330_23264464.jpg
日が暮れると新緑も深い緑色に変わり、
b0169330_23265124.jpg
清水の舞台が緑の海に浮いているかのようでした。

by kyoto-omoide | 2012-05-15 17:00 | 京都(新緑) | Comments(2)
Commented by boratu at 2012-05-15 22:52 x
こんばんは。
夕日をバックにした清水寺のお写真、素敵ですね~^^
こういう広がりのあるが撮れるのも清水寺ならではですね。綺麗です。
遠目に映る三重塔が良い感じです。
青もみじもとっても良い色出してますね。
青もみじの海に浮かぶ舞台、見事です^^
Commented by kyoto-omoide at 2012-05-16 23:07
boratuさん、こんばんは。
少し前の写真ですが、見ていただいてありがとうございます^^
清水寺、今は結構工事中の箇所が多いようですので、少し景観が
悪くなっているかもしれませんが、青もみじに浮かぶ清水の舞台、
是非観に行って下さいね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新緑の東山巡り -圓徳院・ライ...      長崎旅情 -長崎バイオパーク- >>