MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 29日

新緑の大原 -夕暮れの宝泉院-

b0169330_23333131.jpg
cafe APIEDを出た後は、夕暮れの宝泉院へ。(2009年6月7日訪問)



b0169330_23334130.jpg
お抹茶とお菓子を持ってきていただき、頭を上げると、
b0169330_0343671.jpg
目の前に広がるのは緑に包まれた額縁庭園。
b0169330_2334561.jpg
窓の外では少しずつ春の陽が傾いていきます。
b0169330_2334025.jpg
水琴窟の心地よい音色に耳を傾けていると、
b0169330_2334996.jpg
柔らかいオレンジ色へと変わってきました。
b0169330_0322474.jpg
何気なく飾られた季節の花に、
b0169330_2334148.jpg
光が差し込み、
b0169330_0321283.jpg
緑の中に浮かび上がっていました。
b0169330_0313625.jpg
そんな窓の風景もオレンジへと色合いが変わり、
b0169330_0321859.jpg
柔らかな影を落としていました。
b0169330_034927.jpg
静かな夕暮れの宝泉院を味わうことができそうです^^
b0169330_0335914.jpg
特等席から見えるのは、
b0169330_0314623.jpg
樹齢700年と言われる立派な五葉松。
b0169330_034153.jpg
目の前に広がる緑の庭園風景に心が癒されました。
b0169330_0323097.jpg
でもやはりこの位置から眺める額縁庭園が一番絵になりますね。
b0169330_0333983.jpg
じっと座って額縁に描かれた絵を鑑賞します。
b0169330_032537.jpg
自然の光と影と色彩が織りなす絵は、
b0169330_034238.jpg
時間の経過とともに少しずつ色合いを変えていきます。
b0169330_0343081.jpg
少しずつ柔らかな色合いの緑に変わっていきましたが、
b0169330_035697.jpg
春の夕暮れはなかなか暗くなりません。
b0169330_0351229.jpg
ここで閉門時間17時となりました。毎年GWの頃にはライトアップ(前編後編)も行われ、春の夜灯りの風情を楽しむことができます。
b0169330_1820204.jpg
帰りはまだまだ明るさの残る大原の里を歩き、
b0169330_0352543.jpg
花々が供えられた石仏に手を合わせ、大原を後にしました。

by kyoto-omoide | 2012-05-29 16:00 | 京都(新緑) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 東京スカイツリー TOKYO ...      新緑の大原 -Cafe APIED- >>