MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 13日

清水寺 千日詣り -爽朝編(前編)-

b0169330_1739184.jpg
再び、清水寺千日詣りへ。(2009年8月15日訪問)



b0169330_1755166.jpg
清水寺に入る前に仁王門左にある地蔵院善光寺へお参りします。
b0169330_17545543.jpg
ここには可愛らしい首振り地蔵さんがおられます。
b0169330_17392234.jpg
地元の方により、季節ごとの装いが施され、訪れたこの時は夏らしく桃色の前掛けと麦わら帽子をかぶっておられました。
b0169330_17392999.jpg
多くの人が訪れる清水寺のすぐ側にあるにもかかわらずお地蔵さんにはあまり気付きませんが、
b0169330_17393087.jpg
いつも行き交う人を見守ってくれています。
b0169330_17393810.jpg
このお地蔵さん、首振り地蔵と言うだけあって、首が360度回るお地蔵さんです。
b0169330_17394997.jpg
このお地蔵様の首を願いのある方向に向けて願うとその願いが叶うといわれ、好きな人がいる方はその人がいる方向へお地蔵様の顔を向けてお願いすると成就するといわれています。
b0169330_17543220.jpg
また金運や商売繁盛のご利益を授かりたい方は、お地蔵様の首を回して祈願すると商売がうまく回り、懐が温かくなると言われています。
b0169330_17543627.jpg
あ、帽子が^^;
b0169330_1755950.jpg
首振り地蔵さんにお参りした後は、百日紅に彩られた境内に入ります。
b0169330_17552216.jpg
普段は閉ざされている三重塔の扉も開けられ、
b0169330_17552894.jpg
堂内にいらっしゃる大日如来像にお詣りすることができました。
b0169330_17553465.jpg
さらに進むと経堂の扉も開けられており、
b0169330_17554125.jpg
釈迦三尊像にもお詣りさせていただきました。
b0169330_7421332.jpg
千日詣りは、1日のお参りで千日分のご利益があるといわれる観音さまの最大の功徳日にお参りすることで、この期間は本堂の内々陣に入って献灯することができます。
b0169330_7423224.jpg
大勢の人とろうそくの熱気の中お参りさせていただき、お札をいただきました。
b0169330_873785.jpg
ご本尊の千手観音坐像は秘仏ですので、お参りできるのはお前立ちになりますが、千日分のご利益がありますようしっかりお詣りしました。
b0169330_824360.jpg
清水の舞台に出ると龍の旗が掲げられていました。
b0169330_825849.jpg
青空に映える龍の旗頭。
b0169330_83432.jpg
清水寺は東山の「青龍」の地に位置し、龍に纏わる古い言い伝えが残るなど清水寺と龍は深い関係にあります。
b0169330_823517.jpg
本堂から奥の院へと歩いていくと昨晩の宵まいりと同じく阿弥陀堂の扉が開いており、
b0169330_7424470.jpg
明るい中で阿弥陀如来坐像を拝むことができました。
b0169330_743775.jpg
奥の院に立つと青空の下、清水の舞台が広がり、
b0169330_7425833.jpg
清々しい夏の朝の空気の中で千日詣りを行うことができました。
b0169330_74321100.jpg
訪れたのは3年前の夏、大文字の送り火の前日でした。
b0169330_80180.jpg
お盆ももうすぐ終わりの頃で、雲の模様もどこか夏と秋の狭間の気配が漂っていました。
b0169330_803250.jpg
清水の舞台を彩る木々も深い緑に包まれ、
b0169330_8028100.jpg
境内が緑の海に浮かんでいるようでした。
b0169330_804263.jpg
b0169330_874656.jpg
本堂前の龍の旗も、
b0169330_875428.jpg
お堂の重厚な屋根を背に高く掲げられていました。
b0169330_8884.jpg
奥の院から先に進むと、
b0169330_805852.jpg
清水寺の全景が見えるようになってきます。
b0169330_811443.jpg
青空と緑に包まれた真夏の清水寺。
b0169330_811375.jpg
東山の自然と一体化した美しい風景が広がっていました。
b0169330_881595.jpg
b0169330_882139.jpg
もう一度奥の院に戻ると、薄くうろこ雲が広がり、
b0169330_883319.jpg
一足早い秋の気配を感じさせてくれました。
b0169330_884063.jpg
さらに季節が進めば、この緑も錦秋へと変わっていきます。
b0169330_885287.jpg
美しい風景の中、清水寺千日詣りを行うことができました。
b0169330_885846.jpg
放生池の百日紅が彩る三重塔を見上げ、
b0169330_89475.jpg
大勢の参拝者で賑わう清水寺を後にしました。

by kyoto-omoide | 2012-08-13 08:45 | 京都(夏) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 清水寺 千日詣り -爽朝編(後編)-      清水寺 千日詣り -早朝編(後編)- >>