MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 04月 23日

新緑の哲学の道巡り -哲学の道(後編)-

b0169330_16491978.jpg
山吹に彩られた疎水。(2010年5月2日訪問)



b0169330_1651371.jpg
疎水に流れるように山吹が花を咲かせていました。
b0169330_16511058.jpg
b0169330_16493830.jpg
しばし山吹を愛でた後、
b0169330_1651359.jpg
緑の中に続く径を再び歩き出します。
b0169330_184957.jpg
深い緑の中に、
b0169330_1841585.jpg
赤いツツジが彩りを添え、
b0169330_1842161.jpg
川面が青空と、
b0169330_1842879.jpg
映り込んだ木々の緑に染まっていました。
b0169330_1844061.jpg
どこまでも続く疎水と緑の径。
b0169330_1843494.jpg
再び山吹が彩り、
b0169330_19404385.jpg
一角が黄色に染まっていました。
b0169330_1941325.jpg
川面にも黄色が、
b0169330_7471344.jpg
鏡のように映り込むさまは、
b0169330_19405938.jpg
絵画のような美しさで広がりました。
b0169330_1851220.jpg
山吹のそばでは、生い茂る青紅葉が、
b0169330_1851938.jpg
陽光に照らされ、
b0169330_1852552.jpg
光と影のコントラストを創り出していました。
b0169330_19312368.jpg
b0169330_19314380.jpg
山吹と緑の径を進んでいくと、
b0169330_1845354.jpg
疎水沿いのカフェ「cafe Terrazza」が見えてきました。
b0169330_1845914.jpg
オープンテラスで緑の風を受けながら休んでいきたかったですが、
b0169330_185649.jpg
まだオープン前、先を急ぎます。
b0169330_193121.jpg
つがいの鴨も羽を休める疎水は、
b0169330_19311251.jpg
流れる水さえも緑色に染まっていました。
b0169330_7473050.jpg
b0169330_7473184.jpg
ここまでひたすら歩いてきて、
b0169330_7474750.jpg
遠く続く疎水と小径を眺めながらひと休みしました。
b0169330_7474359.jpg
ちょうど通りかかったお二人さん。
b0169330_7475988.jpg
緑の中を気持ちよさそうに歩いて行かれました。
b0169330_7475557.jpg
b0169330_7481111.jpg
b0169330_748719.jpg
しばらく後姿を見送って、
b0169330_7482496.jpg
再び歩き出します。
b0169330_16512074.jpg
咲き誇る山吹が彩る疎水沿いの径を、
b0169330_1931527.jpg
一旦離れて鹿ヶ谷のほうへと進んでいきます。

by kyoto-omoide | 2013-04-23 08:40 | 京都(新緑) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新緑の哲学の道巡り -安楽寺-      新緑の哲学の道巡り -哲学の道... >>