MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 04日

新緑の東福寺 -洗耳泉-

b0169330_753559.jpg
東福寺方丈に、昨年、新しい庭園ができました。(2012年5月4、5日訪問)



b0169330_753059.jpg
苔と石組が美しいこのお庭は「洗耳泉(せんじせん)庭園」と名付けられ、
b0169330_7524386.jpg
方丈奥の書院前に2012年に造られました。
b0169330_7512635.jpg
作庭したのは京都の庭師・北山安夫氏。
b0169330_7523825.jpg
高台寺や園徳院の庭園を修復したことでも知られます。
b0169330_75119.jpg
b0169330_75429.jpg
広がるまだ真新しい庭園と、
b0169330_745844.jpg
正面から向き合いました。
b0169330_75179.jpg
この庭園は、水がないはずの枯山水の庭に水を流そうという試みが施され、
b0169330_785645.jpg
庭の真ん中の水路に日本庭園としては珍しいガラスを使用しています。
b0169330_791544.jpg
九州の太宰府の宝満山から切り出した石を釈迦三尊に見立てて庭の中央に配置し、
b0169330_79386.jpg
庭石の上に並べられたガラスの間を、せせらぎの水が流れると光で反射するように工夫されています。
b0169330_792023.jpg
遠藤楚石東福寺管長によって、禅語の故事から「洗耳泉」と名付けられたこの庭園には、耳を澄まして水の音に心を清めてほしいという願いが込められています。
b0169330_752385.jpg
水のせせらぎの音に耳を澄ましていると、
b0169330_755831.jpg
お願いしていたお抹茶を持ってきていただけました。
b0169330_75488.jpg
まだ新しい庭園を前に、
b0169330_7511187.jpg
いただく一服の呈茶。
b0169330_76671.jpg
静けさに包まれながら、
b0169330_784156.jpg
ゆっくりと味わうことができました。
b0169330_7531546.jpg
洗耳泉の庭園は今年も4月20日~5月6日まで公開される予定でしたが、東福寺のHPによると諸事情により中止となったようです。

by kyoto-omoide | 2013-05-04 09:00 | 京都(新緑) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新緑の東福寺 -通天橋-      新緑の東福寺 -方丈庭園- >>