MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 24日

雨の智積院(前編)

b0169330_2256569.jpg
雨の智積院を訪れました。(2011年5月28日訪問)



b0169330_22561014.jpg
雨の降る中、境内へ。
b0169330_22561834.jpg
参道の先に、
b0169330_14182199.jpg
金堂が見えてきました。
b0169330_14184020.jpg
左に進むと、大師堂への階段が続き、
b0169330_14183384.jpg
弘法大師空海のご尊像を安置するお堂がひっそりと佇んでいました。
b0169330_1418524.jpg
雨に濡れた青モミジが、
b0169330_14184566.jpg
境内をしっとり染めていました。
b0169330_2256224.jpg
受付を済ませ庭園へ。
b0169330_22562764.jpg
講堂を回り込むように進んでいきます。
b0169330_22563160.jpg
さらに回り込むと、大書院が見えてきました。
b0169330_22563859.jpg
広がる緑が、
b0169330_22564385.jpg
一層美しく雨に濡れていました。
b0169330_22565097.jpg
振り返りながら進むと、
b0169330_22565539.jpg
大書院前に広がる庭園が見えてきました。
b0169330_214282.jpg
靴を脱いで大書院に上がると、目の前に美しい庭園が広がります。
b0169330_21415978.jpg
しばらく書院の奥から眺め、
b0169330_2142114.jpg
少しずつ近づいていきます。
b0169330_21401014.jpg
近づくにつれ、緑が迫ってきて、
b0169330_21422097.jpg
水の落ちる音が聞こえてきます。
b0169330_21412727.jpg
ふと大書院の中に目をやると、
b0169330_2139268.jpg
長谷川等伯らによって描かれた障壁画(複製)が煌びやかに広がっていました。
b0169330_2141016.jpg
再び庭園へと進み、
b0169330_214057.jpg
縁側から眺めることにしました。
b0169330_2141328.jpg


by kyoto-omoide | 2013-05-24 14:30 | 京都(新緑) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 雨の智積院(後編)      雨の仙洞御所(後編) >>