MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 29日

京都のパン屋さん⑯ -たま木亭、モグモグベーカリー-

b0169330_1873575.jpg
京都はおろか、日本を代表するパン屋さん。



b0169330_187298.jpg
JR奈良線・京阪宇治線の黄檗駅から少し歩くと見えてくるのが、
b0169330_1871816.jpg
「たま木亭」さん。(2008年7月20日、2009年6月6日訪問)
b0169330_1872449.jpg
外観はどこにでもありそうなパン屋さんですが、京都だけでなく日本全国の中でも常に人気上位に位置するパン屋さんです。
b0169330_1871224.jpg
こじんまりとしたお店の中には80種類のたくさんのパンと大勢の人でいつも賑わっています。(店内は撮影禁止となっています。)
b0169330_187641.jpg
日本一のパン屋とも囁かれる「たま木亭」さん。お店は宇治・黄檗のここ1軒のみ、百貨店の催事に出店したことも有名なレストランで供されたこともなく、まさにここでしか買えないパンを求めて、お客さんがひっきりなしに訪れ、作るそばからパンが売れていきます。実家もパン屋だったオーナーの玉木さんは、パンの名店「ドンク」で修業し、世界中のパン職人が技を競う「クープ・ドュ・モンド」に日本代表として出場し4位に入賞しました。その後、2001年に独立し、ご夫婦でこちらのお店をオープンされました。
b0169330_1874154.jpg
1回目に訪れた時に購入したのはこの2つ。
b0169330_1874630.jpg
「クロワッサン」。巻き具合も美しいサクサクの表面にはメープルシロップが塗られていました。
b0169330_1875252.jpg
「クリームパン」。
b0169330_1875762.jpg
中にはたっぷり、溢れんばかりのクリーム。パンはしっとり、ふわふわで超美味しいクリームパンでした。
b0169330_188253.jpg
2回目に訪れた時は、まずは「博多(明太子フランス)」。
b0169330_1881756.jpg
ふくやの明太子を使用し、フランスパンの食感と明太子と表面のあられがマッチした美味しさでした。
b0169330_1882398.jpg
こちらは「ウッフ」。玉子がたっぷりのどこか懐かしく気取らない玉子パンのお味でした。
b0169330_1884118.jpg
こちらは「クロワッサンたま木」。
b0169330_1884792.jpg
クロワッサン生地にカンパーニュをはりつけて焼き上げいて、サクサクのクロワッサンながらザクっとした食感と香ばしさがプラスされて新たな美味しさのクロワッサンでした。
b0169330_13234449.jpg
変わってこちらはJR宇治駅前。
b0169330_13234933.jpg
宇治橋通り商店街へと進みます。
b0169330_1323544.jpg
中村藤吉本店を過ぎ、
b0169330_13235976.jpg
平等院のほうへと進んでいくと、
b0169330_13241195.jpg
1軒のパン屋さんが見えてきます。
b0169330_1323153.jpg
こちらは「mogmog Bakery」さん。(2013年11月3日訪問)
b0169330_13232061.jpg
「たまき亭」のオーナーのお父様が経営するベーカリーです。
b0169330_13233061.jpg
昭和52年に「焼き立てパンとサンドイッチの店」としてオープンし、
b0169330_1323252.jpg
2012年7月までは「ベーカリータマキ」という名前で営業され、「mogmog Bakery」に改名されました。
b0169330_13234079.jpg
昔から変わらずお茶を使ったパンが有名です。
b0169330_13524040.jpg
早朝から次から次へとお客さんが訪れる店内は、美味しそうなパンがたくさん並んでいました。
b0169330_13524987.jpg
パンは100種類以上あって、特に目を引くのが宇治の抹茶を使ったパン。
b0169330_13525584.jpg
抹茶のパンは売り切れることも多いようで、無事購入できました。
b0169330_13241749.jpg
古くから地元の人に愛されている地域密着のパン屋さんです。
b0169330_1353699.jpg
こちらは「抹茶サンライズ(157円)」。抹茶の香り豊かなサクサク、ふんわり生地の中には、
b0169330_1353129.jpg
蒜山産のジャージー牛乳を使ったクリームが入っていて、抹茶の風味と新鮮な牛乳のクリーム、そしてメロンパンの食感が絶品でした。
b0169330_13531870.jpg
そしてこちらがお店の人気No.1の「茶壺(210円)」。
b0169330_13532430.jpg
持ち運んでいる間にちょっと形は崩れてしまいましたが、茶壺に見立てた形をしています。抹茶あんと抹茶羽二重餅を抹茶を練り込んだ生地で包んで焼き上げています。
b0169330_13533291.jpg
蓋の部分は抹茶クッキー生地でできていて、パン生地はふかふか食感。そして、中の抹茶あんは抹茶の渋みもなくもっちりした抹茶羽二重餅とよく合います。ボリュームもあって、抹茶の風味を思い切り味わえる抹茶尽くしのパンでした。

by kyoto-omoide | 2014-06-29 09:30 | 京都(パン) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夏到来      京都のパン屋さん⑮ -クロア ... >>