MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 05月 30日

鶴屋吉信 TOKYO MISE

b0169330_22231851.jpg
日本橋の新しい人気スポットへ。



b0169330_22233170.jpg
日本橋にできた新しい商業施設が、
b0169330_22232529.jpg
「COREDO室町」。
b0169330_22231050.jpg
その一つ、「COREDO室町3」が今年2014年3月20日にオープンしました。
b0169330_22233100.jpg
このCOREDO室町3のオープンと同時に、
b0169330_22233790.jpg
「鶴屋吉信 東京店」がオープンしました。
b0169330_22224637.jpg
b0169330_22224073.jpg
日本橋室町東地区開発計画で誕生した「COREDO室町」には、老舗からこだわりのお店まで様々なお店が入っています。
b0169330_22222095.jpg
創業200年を超える京都の老舗和菓子店「鶴屋吉信」さんも、ここに東京店「TOKYO MISE」をオープンしました。
b0169330_22223332.jpg
「TOKYO MISE」には、ショップと茶房、
b0169330_22221484.jpg
そして、菓子職人が目の前でつくりたての生菓子が味わえる菓遊茶屋が併設されています。
b0169330_2220280.jpg
菓遊茶屋は京都本店でもおなじみですが、今回は茶房へ。
b0169330_2220138.jpg
窓の外には、中央通りと日本橋三井ビルを見渡しました。
b0169330_22195794.jpg
京都らしい甘味が並ぶメニューから選び、
b0169330_2220797.jpg
ほうじ茶を飲みながら待っていると、
b0169330_22201882.jpg
テーブルがセットされました。
b0169330_22202960.jpg
しばらくして、注文していた「TSURUYAパンケーキ(1404円)」を持ってきていただけました。
b0169330_2221884.jpg
この「TSURUYAパンケーキ」は、鶴屋吉信の代表的な和菓子「つばらつばら」のもっちりとした生地を使用し、
b0169330_22211982.jpg
フランス産のエシレバターや小倉あんをトッピングした東京店でしか味わえない一品です。
b0169330_222133100.jpg
もっちりとした焼き皮に小倉あんとバター、お好みでブルーベリーソースを付けていただく和のパンケーキに仕上がっていました。
b0169330_22211483.jpg
そんな和のパンケーキを、おしゃれに生まれ変わった日本橋の街並みを見ながらいただきます。
b0169330_22215482.jpg
塩気の効いたエシレバターと甘い小倉あん、そしてもちもちの焼き皮が絶妙な美味しさで、ブルーベリーソースをつけるとまた違った味わいで楽しむことができました。
b0169330_6195648.jpg
別の日に、また訪れました。
b0169330_62031.jpg
香り高いほうじ茶を飲みながら待っていると、
b0169330_620818.jpg
「抹茶パフェ(1080円)」を持ってきていただけました。
b0169330_6201423.jpg
抹茶の風味豊かなTOKYO MISE特製のパフェです。
b0169330_6202592.jpg
抹茶アイスと抹茶ゼリーに、抹茶みつが小倉餡と白玉に絶妙なバランスで絡み、
b0169330_6203068.jpg
香ばしい最中種が添えられていました。
b0169330_6203555.jpg
程よい甘さと、抹茶の深い香りを活かした抹茶パフェでした。
b0169330_2222080.jpg
さて、TOKYO MISEの人気商品がこちら。
b0169330_2222767.jpg
TOKYO MISE限定の「IROMONAKA」です。
b0169330_6204072.jpg
ひと口サイズの可愛らしい手づくり最中で、素材を厳選し種の色にもこだわられています。
b0169330_6204564.jpg
色鮮やかな「IROMONAKA」を、
b0169330_6204967.jpg
お土産に買って帰りました^^
b0169330_6205889.jpg
オープンから2ヶ月、大勢の人が訪れていました。
b0169330_22225595.jpg
日本橋の新しい顔となった「COREDO室町」。たくさんのお店が次々とオープンするだけでなく、秋にはこの地で1100年以上の歴史がある「福徳神社」を再建するなど、ますます人気エリアに発展していきそうです。
b0169330_62121100.jpg
帰りにCOREDO室町と2の間の仲通りを歩いていくと、石畳に行灯が並ぶ風情ある空間が続いていました。
b0169330_6211051.jpg
その一角に「京つけもの 西利」さんがありました。
b0169330_6211635.jpg
店内で、西利のお漬物を使ったお料理もいただけるようで、また訪れてみたいです。
b0169330_23255538.jpg
さて、こちらが買って帰った「IROMONAKA」。
b0169330_2326189.jpg
5種類の最中のたねが味わえるこの「IROMONAKA」は、
b0169330_2326634.jpg
鶴屋吉信 TOKYO MISE限定で京都本店にも置いていません。
b0169330_23294811.jpg
そっとケースを開けると、
b0169330_23295549.jpg
可愛らしい最中が現れました。
b0169330_23264563.jpg
今回購入した「IROMONAKA」は5個入り(972円)でしたが、
b0169330_23263931.jpg
詰め合わせ(2484円)を購入すると、生地5種類とあん3種類を自分の好きなように組み合わせることができます。
b0169330_23261957.jpg
まるで洋菓子のマカロンのように、
b0169330_23265190.jpg
きれいに箱の中に並んでいます。
b0169330_23265792.jpg
b0169330_2327391.jpg
5色の最中種には、
b0169330_23281798.jpg
それぞれ名称がついています。
b0169330_23283037.jpg
「薄紅」
b0169330_23283690.jpg
「金糸雀」
b0169330_23284230.jpg
「勿忘草」
b0169330_23291935.jpg
「胡粉」
b0169330_2329296.jpg
「丁子」
b0169330_23282369.jpg
あんは小倉あん、こしあん、抹茶あんの3種類に季節のあんも用意されています。あんも大納言小豆の中でも特に優れた京都の馬路大納言を使うというこだわりです。
b0169330_23302592.jpg
異なる味と色のハーモニーを楽しめる「IROMONAKA」、TOKYO MISEでしか味わえない新感覚の京和菓子です。
b0169330_23303191.jpg
早速いただきます^^
b0169330_23303683.jpg
「丁子」には抹茶あんが、
b0169330_23304181.jpg
そして、「胡粉」を口にしてみると、
b0169330_23304711.jpg
季節のあんとしてさくらあんが入っていました。
b0169330_23262314.jpg
日本橋の新しい空間で京都らしい和を楽しめる「鶴屋吉信TOKYO MISE」、これからも訪れる機会が増えそうです。

by kyoto-omoide | 2014-05-30 17:00 | 京都(IN東京) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Le Petit Mec -赤...      新緑パフェ >>