MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 03月 07日

鎌倉小町通り -㉜食堂ペスカバ-

b0169330_23405393.jpg
「食堂ペスカバ」。



b0169330_23402965.jpg
夕刻17時、
b0169330_23403638.jpg
人通りのめっきり減った通り、
b0169330_23404296.jpg
小町通へ続く通りにあるお店も店じまいを始めるころ、
b0169330_234047100.jpg
こちらのお店には灯りがともり、
b0169330_23405872.jpg
暖簾がかけられます。
b0169330_2341490.jpg
魚の描かれた暖簾が印象的な「食堂ペスカバ」さん。ラテン語の「pesca」から由来しているそうで、「魚釣り」を意味する単語だそうです。その名のとおり、地元の漁師から買いつけた鮮魚をいただけるお店、それも夜だけ営業する食堂ということで週末は予約で満席になるほどの人気のお店になっています。
b0169330_21522020.jpg
店内はテーブル席が3席とカウンターがあり、
b0169330_21453569.jpg
カウンター席に案内いただきました。ペスカバさんといえばその日穫れた魚で毎日変わる手書きのメニュー。日本酒や焼酎も豊富に取り揃えられています。
b0169330_2144417.jpg
まずは生ビール(550円)、
b0169330_2144915.jpg
そして、「地魚ちょこっと4点盛(1000円)」。
b0169330_21441479.jpg
その日のお刺身メニューから少しずつ。
b0169330_21442394.jpg
この日は、やりいかやさより、
b0169330_21442845.jpg
ほうぼう、しめさばというラインナップ。
b0169330_21443328.jpg
お刺身と一緒に日本酒を。
b0169330_21444832.jpg
地元神奈川・海老名の「いずみ橋(特別純米700円)」を冷で。
b0169330_23595128.jpg
泉橋酒造の定番のお酒で、地元のお米にこだわった海老名産山田錦を100%使った辛口のお酒です。
b0169330_21445597.jpg
なみなみ注いでいただき、
b0169330_23595234.jpg
新鮮なお刺身と一緒に、
b0169330_23595274.jpg
いただきました。
b0169330_21454242.jpg
そして〆に注文したのが、
b0169330_21512312.jpg
「魚介のトマトスパゲッティ(1300円)」。
b0169330_21513061.jpg
あさりやいか、白身魚など、
b0169330_21513699.jpg
ふんだんに魚介を使った具材が、
b0169330_21514458.jpg
あっさりトマトソースのパスタに絡み合い、
b0169330_23595257.jpg
本格的な洋食のお味でした。
b0169330_23595165.jpg
新鮮な魚介を使った料理と美味しいお酒で、
b0169330_21523446.jpg
鎌倉の夜の一杯を楽しむことができました。
b0169330_21524872.jpg
お店を出ると、
b0169330_21524271.jpg
すっかり真っ暗な通りに、格子から漏れる灯りが暖簾を浮かび上がらせていました。

by kyoto-omoide | 2016-03-07 17:00 | 鎌倉(小町通り) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉小町通り -㉝CERCLE...      鎌倉小町通り -㉛ignis- >>