MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 04月 19日

修学院離宮(後編)

b0169330_17175762.jpg
上離宮の絶景。(2008年4月15日訪問)



b0169330_17175645.jpg
隣雲亭に立つと、
b0169330_17175749.jpg
浴龍池の庭園の絶景が広がります。
b0169330_17175656.jpg
洛北の山々を借景にした、
b0169330_17175751.jpg
壮大な庭園です。
b0169330_17175728.jpg
池の中に見える建物は、
b0169330_17175764.jpg
窮邃亭。
b0169330_17175589.jpg
青空の下で、美しい風景が広がっていました。
b0169330_212938.jpg
左手遠くには、
b0169330_21291216.jpg
京都市街も一望する絶景の地。
b0169330_21292058.jpg
この場所は、海抜150メートル、浴龍池との標高差10メートルのところに建っています。
b0169330_21293241.jpg
この絶景を目に焼き付け、
b0169330_21294323.jpg
浴龍池へと下っていきます。
b0169330_21295669.jpg
流れる渓谷の奥には、
b0169330_213025.jpg
滝も見えます。
b0169330_2130794.jpg
シャクナゲが咲く、
b0169330_21432043.jpg
緑濃い路を進むと、
b0169330_21424950.jpg
浴龍池に架かる千歳橋が見えてきました。
b0169330_21301322.jpg
どこか中国風の石橋が、
b0169330_21425549.jpg
青空を映す浴龍池に、
b0169330_2143168.jpg
美しく映えていました。
b0169330_2143122.jpg
b0169330_21432561.jpg
楓橋を渡り、
b0169330_21433251.jpg
窮邃亭へ。
b0169330_21434540.jpg
後水尾院によって造営された上離宮、下離宮の建物のほとんどが滅失または再建されているなかで、窮邃亭は唯一創建当時のものとされています。
b0169330_2143386.jpg
b0169330_21435054.jpg
b0169330_22385767.jpg
b0169330_22384954.jpg
b0169330_2239433.jpg
b0169330_22391167.jpg
窮邃亭を後に、
b0169330_22421613.jpg
浴龍池の向こうの路へと、
b0169330_22422412.jpg
土橋を渡ります。
b0169330_22423265.jpg
橋の上からは、
b0169330_22423846.jpg
緑濃い島と、
b0169330_22424574.jpg
清らかな水と、
b0169330_22425439.jpg
池畔に咲く花々を見ることができました。
b0169330_22431810.jpg
浴龍池には、
b0169330_22431111.jpg
新緑の木々を映す中、
b0169330_237988.jpg
園路を歩いていきます。
b0169330_2372316.jpg
千歳橋と、
b0169330_2373132.jpg
窮邃亭を遠望しながら、
b0169330_2373760.jpg
緑の庭園がどこまでも広がっていました。
b0169330_2374494.jpg
b0169330_2375015.jpg
b0169330_23151995.jpg
b0169330_2315267.jpg
左手には壮大な庭園、
b0169330_23153418.jpg
右手には遠く京都の街並みが広がります。
b0169330_23154769.jpg
その間に続く路は、まるで俗世を隔てる路のようでした。
b0169330_2316861.jpg
緑の中に、
b0169330_2316176.jpg
先ほど渡った土橋が見えます。
b0169330_23233245.jpg
そして、左から、窮邃亭、千歳橋、万松塢の御腰掛が広がります。
b0169330_23161595.jpg
あそこに座って眺めてみたいですね。
b0169330_23233998.jpg
壮大な庭園が、
b0169330_2323545.jpg
どこまでも緑濃く、
b0169330_2324244.jpg
美しく広がり、
b0169330_7323968.jpg
時間の流れさえも優雅に感じるひと時でした。
b0169330_7325292.jpg
そして見えてきたのが隣雲亭。
b0169330_7325920.jpg
先ほどはあそこからこの庭園を見下ろしました。
b0169330_7331063.jpg
浴龍池の庭園も終わりが近づき、
b0169330_7331682.jpg
名残を惜しんで上離宮を後にしました。
b0169330_7332754.jpg
青空にも恵まれ、
b0169330_7334298.jpg
心行くまでまばゆい緑を感じさせてくれた春の修学院離宮を後にしました。

by kyoto-omoide | 2016-04-19 09:40 | 京都(新緑) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉散歩 #58 -鶴岡八幡宮...      修学院離宮(前編) >>