MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 29日

乙訓寺のボタン(前編)

b0169330_14281468.jpg
乙訓のボタン寺へ。(2014年4月28日訪問)



b0169330_171259.jpg
長岡天満宮から15分ほど歩き、
b0169330_16573626.jpg
乙訓寺へやってきました。
b0169330_16573139.jpg
山門をくぐると、
b0169330_17115577.jpg
緑が広がります。
b0169330_14281875.jpg
その先に、
b0169330_14282375.jpg
むせかえるような、
b0169330_14292449.jpg
新緑の中に、
b0169330_1685990.jpg
鮮やかなボタンが咲き誇っていました。
b0169330_14293039.jpg
b0169330_168529.jpg
b0169330_1657040.jpg
b0169330_1657641.jpg
b0169330_16571191.jpg
b0169330_16572171.jpg
b0169330_17114560.jpg

b0169330_14283487.jpg
緑の中を進んでいくと、
b0169330_14284143.jpg
右も、
b0169330_1429387.jpg
左も、
b0169330_14282967.jpg
そして、
b0169330_1429938.jpg
正面に咲くボタンを見渡す参道が続いていました。
b0169330_14295529.jpg
緑の中に、
b0169330_1430180.jpg
色とりどりのボタンが映えていました。
b0169330_1429508.jpg
振り返ると、通ってきた参道を見渡しました。
b0169330_16235834.jpg
b0169330_1624340.jpg
b0169330_1624852.jpg
b0169330_1617265.jpg
b0169330_16241321.jpg
ボタンを愛でながら、
b0169330_1691143.jpg
進んだ先に立つ石塔に並ぶ、
b0169330_14293664.jpg
たくさんのお地蔵さんも、
b0169330_14294145.jpg
ボタンを見つめる、
b0169330_14294515.jpg
そんな穏やかな時間が流れていました。
b0169330_1617366.jpg
b0169330_1617954.jpg
b0169330_16171339.jpg
境内に咲き誇るボタンを、
b0169330_169572.jpg
見て回ります。

by kyoto-omoide | 2017-04-29 07:50 | 京都(新緑) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 乙訓寺のボタン(後編)      長岡天満宮のキリシマツツジ(後編) >>