MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 11日

鎌倉・坂の下

b0169330_07404196.jpg
鎌倉長谷・坂の下。



b0169330_07404076.jpg
風情ある裏道に、
b0169330_07404094.jpg
古民家カフェや老舗和菓子店、
b0169330_7381154.jpg
住宅街を、
b0169330_7311161.jpg
のんびり走る江ノ電に、
b0169330_7383597.jpg
広がる青い海。
b0169330_07404264.jpg
古いものと、
b0169330_07434328.jpg
新しいものが融合した、
b0169330_07403906.jpg
坂の下と呼ばれるこのあたりは、
b0169330_07403914.jpg
テレビドラマの舞台にもなるなど、
b0169330_824436.jpg
鎌倉でも人気の高いスポットになっています。
b0169330_82685.jpg
この坂の下へは、
b0169330_7275784.jpg
鎌倉駅から江ノ電に乗って、
b0169330_8353810.jpg
長谷駅へ。
b0169330_8354330.jpg
駅を降りて、
b0169330_8552595.jpg
海側へ。
b0169330_8553035.jpg
b0169330_728350.jpg
星の井通りと、
b0169330_86491.jpg
由比ガ浜の間に、
b0169330_825991.jpg
静かに広がっています。
b0169330_8354752.jpg
通りから、
b0169330_862721.jpg
一歩、
b0169330_863186.jpg
裏道に入ると、
b0169330_863751.jpg
懐かしい風景が広がり、
b0169330_825469.jpg
迷路のように、
b0169330_861512.jpg
静かに家並が佇んでいます。
b0169330_864625.jpg
b0169330_8353495.jpg
歩いていると見えてくる、
b0169330_8351369.jpg
青い海。
b0169330_835293.jpg
b0169330_822750.jpg
一般的に、稲村ヶ崎から飯島岬までの海岸を総称して「由比が浜」と呼ばれていますが、
b0169330_823379.jpg
現在では、稲瀬川河口から滑川河口までの間を「由比ヶ浜」と呼び、
b0169330_823848.jpg
長谷から海まで流れる「稲瀬川」河口から稲村ヶ崎までを「坂ノ下海岸」と呼ばれています。
b0169330_9245457.jpg
そして、「坂の下」の地名は、
b0169330_9245827.jpg
極楽寺坂(極楽寺切通)の下方の地域であることから付けられました。
b0169330_862111.jpg
潮風が、
b0169330_8545923.jpg
通り抜ける小路をたどり、
b0169330_855484.jpg
テレビドラマのロケ地や、
b0169330_8551060.jpg
古民家カフェを巡り、
b0169330_8551597.jpg
心に残るひと時を過ごすことができることで、
b0169330_9243879.jpg
大勢の人がこの地を訪れるようになりました。
b0169330_9243325.jpg
そんな魅力あふれる坂の下を、
b0169330_9244480.jpg
これからご紹介していきます。

by kyoto-omoide | 2017-05-11 11:00 | 鎌倉(坂の下) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉・坂の下 -古民家カフェ巡...      石清水灯燎華(その4) >>