MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 12日

子供と行く京都③ -嵐山-

b0169330_2258535.jpg
嵐山へ。(2017年5月12、13日訪問)



b0169330_17281278.jpg
朝食は「居様/IZAMA」で。
b0169330_7214290.jpg
古い蔵と中庭を臨む和食レストラン「居様 / IZAMA」は、
b0169330_7214859.jpg
料理監修に日本料理の巨匠、神田川俊郎氏を迎え、朝は京都で昔から作られてきた家庭料理「おばんざい」を中心としたブッフェ、昼は旬の食材を使った様々な種類のおばんざいを少しずつ味わえる「9種のおばんざい御膳」などの御膳料理、夕食は薬味と一緒に食べるしゃぶしゃぶや日本料理をいただくことができます。
b0169330_16473338.jpg
暖簾をくぐると、
b0169330_20552925.jpg
建築家、永山祐子氏が手がけた和モダンの世界が広がり、
b0169330_20544995.jpg
格子の向こうには新町通りの街並みが広がります。
b0169330_2055125.jpg
朝は「楽しみになる朝食」をコンセプトに、
b0169330_20552374.jpg
京のおばんざいブッフェが楽しめます。
b0169330_21354050.jpg
京都ならではの出汁を効かせた繊細なおばんざい、京地野菜やお豆腐など、
b0169330_21355988.jpg
京都の食材もたくさん味わえる小鉢が並びます。
b0169330_21355359.jpg
洋食も楽しめヘルシーでバランスのとれた朝食をいただきます。
b0169330_21354650.jpg
窓の外には古い蔵も臨む、
b0169330_2055756.jpg
格子窓に面した席に案内いただきました。
b0169330_17255923.jpg
b0169330_21361332.jpg
おばんざいに、
b0169330_21361921.jpg
パンもいただき、
b0169330_21362589.jpg
コーヒーを飲んでゆったりとした朝食をいただきました。
b0169330_21551430.jpg
チェックアウトして、嵐電に乗って嵐山へ。
b0169330_17255666.jpg
あいにくの雨の中、天龍寺の庭園に入りました。
b0169330_21552731.jpg
b0169330_215533100.jpg
筍が珍しかったようです。
b0169330_17255617.jpg
外国人だらけの竹林を抜けて、
b0169330_17255742.jpg
なぜか御髪神社へ。
b0169330_17255747.jpg
まだ3歳半なんですけど。。^^;
b0169330_17255885.jpg
ここの絵馬が、
b0169330_21553957.jpg
笑えます。一応、お参りをして、
b0169330_17255802.jpg
JR嵯峨野線の踏切を渡ります。ここは某タレント2人が線路内不法侵入写真で有名になった場所です。
b0169330_22231223.jpg
踏切を渡ったところで1枚。
b0169330_17264242.jpg
嵐山に戻ってきて昼食は、「嵯峨とうふ稲」さんへ。
b0169330_22231889.jpg
湯葉料理を堪能しました。
b0169330_22233486.jpg
食後は渡月橋界隈を散策。
b0169330_22414152.jpg
b0169330_22415293.jpg
b0169330_22415796.jpg
b0169330_2242783.jpg
何か見える?
b0169330_22584227.jpg
舟~!
b0169330_22585974.jpg
渡月橋を渡って、
b0169330_23225176.jpg
こちらでちょっと休憩。
b0169330_2259497.jpg
渡月橋のほとりにある「cafe花しるべ」さん。
b0169330_23221749.jpg
窓から渡月橋や、
b0169330_23222971.jpg
対岸の法輪寺を一望します。
b0169330_23222341.jpg
こちらは桜餅で知られる「本家 櫻もち琴きき茶屋」が運営するカフェで、
b0169330_2322357.jpg
もちろん琴きき茶屋の桜餅もいただくことができます。
b0169330_23224179.jpg
2つでセットになっていて、一つは、こし餡を使わず真っ白な道明寺もちを塩漬けにした2枚の桜の葉ではさんでいます。もう一つは、道明寺もちをこし餡で包み嵐山を型どったもので、もち米の感触を残しながらも歯切れよく、きめ細かいこし餡はしつこくなくさっぱりとした甘さが特徴です。
b0169330_23224648.jpg
桜の葉の自然な香りが口いっぱいに広がりました。
b0169330_17255589.jpg
休憩後は嵐山から再び嵐電に乗って、
b0169330_17264299.jpg
この旅の最終目的地へ、
b0169330_17264112.jpg
出発進行~。

by kyoto-omoide | 2017-06-12 07:00 | 京都(新緑) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 子供と行く京都④ -二条城-      子供と行く京都② -三井ガーデ... >>