MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 08日

鎌倉・坂の下 -SYMPOSION(シンポジオン)①-

b0169330_22284852.jpg
古民家イタリアン。



b0169330_2155213.jpg
長谷駅から星の井通りに向かう途中、
b0169330_21551751.jpg
一軒の古民家にイタリアの旗が揺れています。
b0169330_21552224.jpg
道路の向かいから見てみると、
b0169330_21552758.jpg
趣ある古民家。
b0169330_21553310.jpg
元の姿を活かしつつリノベーションされています。
b0169330_21554444.jpg
昭和十年代に長谷旅館として建てられた家屋だそうです。
b0169330_11532166.jpg
「cucina Italiana SYMPOSION~シンポジオン~」。
b0169330_11532103.jpg
平成24年にオープンした、鎌倉の新鮮な食材とイタリア中南部の料理を組み合わせたイタリアンのお店です。
b0169330_22403491.jpg
古民家でいただく、三浦漁港の魚介と鎌倉野菜を使ったイタリアンで、大変人気の高いお店になっています。
b0169330_21554994.jpg
時間になりお店に入ります。
b0169330_2229331.jpg
1階と2階に分かれていて、
b0169330_2229823.jpg
1階はカジュアルにイタリアンをいただく場面に使えます。
b0169330_22291389.jpg
b0169330_22285885.jpg
階段を2階へ。
b0169330_23473676.jpg
2階はコースをいただく場面で。
b0169330_2347314.jpg
ゆっくりランチやディナーのコースがいただけるようゆったりした空間になっています。
b0169330_23472214.jpg
元旅館らしく、いくつかの部屋が障子戸で区切られています。
b0169330_23471724.jpg
こちらは道路沿いのお部屋。
b0169330_23343656.jpg
窓から入る光が心地よい空間に、
b0169330_723411.jpg
テーブル席が並んでいます。
b0169330_23185996.jpg
b0169330_23455170.jpg
窓の外には、
b0169330_23455780.jpg
長谷駅から星の井通りに続く道路を見下ろしました。
b0169330_7233257.jpg
窓際から、
b0169330_23554466.jpg
奥を見ると、
b0169330_23555171.jpg
障子戸に区切られたお部屋が並ぶさまがわかります。
b0169330_23555863.jpg
b0169330_724474.jpg
隣の部屋へ、
b0169330_2356437.jpg
進んでみます。
b0169330_723265.jpg
こちらの部屋は、
b0169330_23343144.jpg
円窓が印象的で、
b0169330_723955.jpg
落ち着いた照明の中に、
b0169330_7231471.jpg
テーブル席が並びます。
b0169330_2319567.jpg
b0169330_23191114.jpg
b0169330_23191836.jpg
b0169330_23192315.jpg
b0169330_23192912.jpg
b0169330_23193511.jpg
b0169330_23445787.jpg
b0169330_234539.jpg
b0169330_2345927.jpg
b0169330_72321100.jpg
b0169330_7234546.jpg
b0169330_22371086.jpg
b0169330_22371673.jpg
b0169330_22372642.jpg
b0169330_22373168.jpg
b0169330_22373719.jpg
b0169330_23185423.jpg

b0169330_7235766.jpg
b0169330_23561884.jpg
いったん廊下に出て、
b0169330_22201039.jpg
最奥の部屋へ。
b0169330_23342487.jpg
b0169330_2334182.jpg
廊下側から、
b0169330_23334941.jpg
この部屋に入ると、
b0169330_23335620.jpg
今度は反対側から道路側の部屋までを見渡します。
b0169330_23341188.jpg
b0169330_22202619.jpg
b0169330_22203155.jpg
b0169330_22203634.jpg
b0169330_22204117.jpg
b0169330_22365913.jpg
b0169330_2237463.jpg
b0169330_7235154.jpg
この奥の部屋はふすまが印象的でした。
b0169330_23332267.jpg
b0169330_22201691.jpg
再び廊下に出て、
b0169330_22202132.jpg
道路側の部屋に戻ります。
b0169330_2333938.jpg
格子戸沿いに見ると、
b0169330_23331614.jpg
隠れ家のような雰囲気に見え、
b0169330_2333375.jpg
障子戸のガラス越しに見る円窓も、
b0169330_23333566.jpg
また違った雰囲気がありました。
b0169330_23334116.jpg
b0169330_23445099.jpg
和とモダンが融合した落ち着いた空間で、
b0169330_22372272.jpg
イタリアンをいただきます。

by kyoto-omoide | 2017-07-08 11:30 | 鎌倉(坂の下) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉・坂の下 -SYMPOSI...      鎌倉・坂の下 -Restaur... >>