MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 09日

鎌倉・坂の下 -SYMPOSION(シンポジオン)②-

b0169330_839953.jpg
2階でいただく彩り鮮やかなイタリアン。



b0169330_2334315.jpg
2階の席でランチのコースをいただきました。
b0169330_23194726.jpg
円窓を見て、
b0169330_23194114.jpg
道路側の部屋へ。
b0169330_23453146.jpg
b0169330_7222580.jpg
b0169330_7225833.jpg
こちらの席に案内いただきました。
b0169330_23325621.jpg
b0169330_23452470.jpg
b0169330_8254653.jpg
白ワインをグラスでいただきました。
b0169330_8394537.jpg
b0169330_946164.jpg
3種類のランチコースから前菜とパスタ、ドルチェとカフェのコース「Pranzo Costa(2500円)」をいただきました。
b0169330_7233931.jpg
ワインをいただいていると、
b0169330_8262482.jpg
最初のひと皿「アミューズ トマトのグラニテ」が運ばれてきました。
b0169330_11541091.jpg
トマトの美味さを凝縮されていて、さっぱりいただきました。
b0169330_8254125.jpg
続いて、季節の前菜盛り合わせと、
b0169330_8255244.jpg
自家製フォカッチャが運ばれてきました。
b0169330_82635.jpg
前菜盛り合わせは、
b0169330_8255812.jpg
鎌倉野菜と、
b0169330_82684.jpg
三浦漁港の海の幸をふんだんに使って、
b0169330_8261325.jpg
見た目も鮮やかなお皿になっていました。
b0169330_8263445.jpg
b0169330_8263949.jpg
b0169330_8392539.jpg
旬の素材を使うので、
b0169330_8393092.jpg
内容は季節ごとに異なるそうです。
b0169330_8393550.jpg
古民家で、
b0169330_11541102.jpg
ワインとともに、
b0169330_8394036.jpg
鎌倉のお味をいただきます。
b0169330_94689.jpg
続いて「パスタ料理」。
b0169330_9461340.jpg
4種類から選べ、
b0169330_95543.jpg
「三崎鮪のラグーで和えたブジアーテ (+300円)」をチョイスしました。
b0169330_11532322.jpg
b0169330_955967.jpg
三崎港から仕入れしたマグロのいろいろな部位を煮込んだ濃厚なソースを、
b0169330_955263.jpg
しっかりとした食感のブジアーテに合わせたパスタ。
b0169330_9553864.jpg
崩れにくい鮪の頭とほほ肉を煮込んで作ったソースに、
b0169330_9554987.jpg
イタリアのトラパニの郷土に習いオレンジ風味を効かせた深い味わいになっています。
b0169330_10301153.jpg
トスカーナ地方やシチリアで修業したシェフがつくるこの三崎マグロのラグー(マグロを煮込んでつくったソース)は、
b0169330_10301621.jpg
お勧めの一皿です。
b0169330_10302146.jpg
b0169330_10573459.jpg
最後は、
b0169330_10302753.jpg
ドルチェ。
b0169330_10303930.jpg
カシスのアイスに、
b0169330_10304448.jpg
パンナコッタ、
b0169330_1137611.jpg
洋ナシのコンポート。
b0169330_10574510.jpg
b0169330_10575668.jpg
b0169330_1058244.jpg
ドリンクは、
b0169330_11532391.jpg
エスプレッソをいただきました。
b0169330_105887.jpg
b0169330_11372466.jpg
古民家の落ち着いた雰囲気で、
b0169330_11532207.jpg
美味しいイタリアンをゆっくりいただくことができました。
b0169330_11532288.jpg
シーズン中の週末のランチは満席の札がかかっていることが多い、人気のお店です。

by kyoto-omoide | 2017-07-09 11:40 | 鎌倉(坂の下) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉・坂の下 -SYMPOSI...      鎌倉・坂の下 -SYMPOSI... >>