MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 12月 05日

紅葉の八幡市 -松花堂庭園(内園)-

b0169330_23454150.jpg
紅葉の内園へ。(2014年11月30日、2017年11月4日訪問)



b0169330_7285123.jpg
外園から内園に向かいます。
b0169330_7283419.jpg
内園は松花堂昭乗が住まいした「泉坊書院」や草庵「松花堂」などがある庭園で、
b0169330_7284045.jpg
国史跡・名勝に指定されています。
b0169330_7284577.jpg
この門の向こうは、
b0169330_7285748.jpg
普段の公開時は撮影が禁止されていますが、
b0169330_7293859.jpg
今年秋の非公開文化財特別公開で、
b0169330_729439.jpg
内園内の文化財の公開と、
b0169330_7294812.jpg
撮影が許可されました。
b0169330_020779.jpg
b0169330_0201335.jpg
b0169330_0201813.jpg
b0169330_0202334.jpg
b0169330_0202794.jpg

b0169330_729548.jpg
訪れたのは11月上旬でしたが、
b0169330_7295935.jpg
木々の紅葉も進み、
b0169330_730341.jpg
色づいた紅葉を見ながら、
b0169330_2322347.jpg
門をくぐります。
b0169330_2323579.jpg
最初に見えてくるのが泉坊書院。
b0169330_0191881.jpg
元は男山山中にあった「泉坊」の車寄せ(玄関)は、伏見城の遺構で、
b0169330_0195835.jpg
扉に太閤桐の紋が付いており、京都府の登録文化財です。
b0169330_2324312.jpg
続いてこの門をくぐります。
b0169330_23373351.jpg
振り返ると、
b0169330_23373888.jpg
くぐってきた内園の門が、
b0169330_23374454.jpg
紅葉に彩られていました。
b0169330_23372256.jpg
くぐった先にあるのが、
b0169330_23451274.jpg
草庵茶室「松花堂」。
b0169330_2345233.jpg
2畳の茶室で、天井画は土佐光武の筆によるものです。
b0169330_0191345.jpg
昭乗が寛永14年(1637年)に建てたもので10尺(3.03m)角の方丈の庵で、京都府の有形文化財に指定されています。
b0169330_23452810.jpg
松花堂を後に、
b0169330_23451826.jpg
見えてくるのが、
b0169330_23453578.jpg
「泉坊書院」。
b0169330_019463.jpg
泉坊の客殿で、小早川秀秋の寄進とも伝えられており、
b0169330_019851.jpg
書院造りの建築様式は桃山時代のものです。
b0169330_23454634.jpg
右が8畳の次の間、
b0169330_23455155.jpg
左の主室の間は玉座が設けられており、後陽成天皇、孝明天皇がしばしば行幸になり、この玉座の間に坐して日の出の景を賞でられたと伝えられています。
b0169330_23473584.jpg
さらに庭園の奥へと進むと、
b0169330_0181892.jpg
苔の緑と紅葉が美しい庭園が広がっていました。
b0169330_0182373.jpg
b0169330_0182995.jpg
b0169330_0183460.jpg
b0169330_0185917.jpg
b0169330_0184936.jpg
b0169330_0185435.jpg
b0169330_7291359.jpg
b0169330_0183924.jpg
b0169330_0184463.jpg
美しい紅葉が、
b0169330_7293234.jpg
露地庭園を包み、
b0169330_064756.jpg
訪れる人も比較的少なく、
b0169330_065360.jpg
静かに紅葉を愛でることができ松花堂庭園を後にしました。

おまけ
b0169330_22553196.jpg
松花堂庭園から歩いてすぐのところに、
b0169330_2255255.jpg
宝青庵というお寺があり、
b0169330_22551345.jpg
「もみじ寺」で知られています。
b0169330_2255160.jpg
歌人で劇作家の吉井勇が一時期、ここで暮らしていたそうです。
b0169330_2254556.jpg
露地庭園の奥に、
b0169330_22544117.jpg
本堂が佇んでいました。またいつか紅葉が盛りの頃に訪れてみたいです。

by kyoto-omoide | 2017-12-05 10:15 | 京都(紅葉) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 紅葉の八幡市 -京都 吉兆 松...      紅葉の八幡市 -松花堂庭園(外園)- >>