MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 11日

京都のラーメン①(麺や 高倉二条)

b0169330_815244.jpg
京都に来て、「京都ラーメン」という概念があるのをはじめて知りました。と言っても、札幌ラーメンや長浜ラーメンのような独特の特徴があるという訳ではありませんが、京都ならではの美味しいラーメン屋さんにたくさん出会えました。



b0169330_8152432.jpg
まずは、老舗というよりは最近京都のラーメンに新たな風を巻き起こした「麺や高倉二条」です(場所もまさしく高倉二条)。それまで京都になかった「魚介系スープのつけ麺」です。その後3号店までできましたが、それぞれが特徴や趣をもったお店&ラーメンです。まずはその1号店「麺や高倉二条」です。(2008年2月20日、22日訪問)
b0169330_8151613.jpg
「味玉ラーメン」全粒粉を使った独特の麺(一見するとお蕎麦のようです)も大きな特徴です。お茶はジャスミン茶です。
b0169330_8153226.jpg
こちらが「味玉つけ麺」です。ラーメンを食べた次の日に出直しました(笑)

つづいて、2号店 「つけ麺や ろぉじ」(百万偏) (2009年2月2日訪問)
b0169330_816453.jpg
こちらも、お店の名前通りつけ麺がメイン(というかつけ麺しかありません。しかも、麺200g、300g、400gと選べて同じ値段です。)ですが、つけ麺ってどうしても麺が冷めて段々スープも冷たくなりますよね。ここは、テーブルに加熱器が置いてあって、自由に温めなおすことができます。なので、ステンレスの容器がちょっと味気なく見えますがそういう理由があるのです。
b0169330_8154057.jpg
つけ麺200gをいただきました。
b0169330_8154744.jpg

そして、いちばん最近できた3号店 「和醸良麺 すがり」(四条烏丸観音堂町)(2009年2月4日訪問)
b0169330_8171319.jpg
とにかく場所がわかりにくい。店にたどりついても入り口がわからないというなんともなお店です。
b0169330_817589.jpg
まさに町屋を改造したお店で、この格子戸を開けて・・・
b0169330_8161828.jpg
路地を抜けると庭に出ます。
b0169330_8162671.jpg
そして振り返ると・・・入り口がありました。
b0169330_816563.jpg

b0169330_8163478.jpg
お店の中はとてもおしゃれな感じです。そして、ここはチャーシューではなく、「ぷりぷりのもつ」が特徴です。こくのあるスープに、ぷりぷりもつ、そして全粒粉の麺を生卵をからませていただきます。
b0169330_8164156.jpg
もつそば
b0169330_8164834.jpg
もつつけ麺
麺やスープ以外に3店に共通すること、それは食券制というところなんですが、特に、すがりはお店に入る前のこんなところに券売機が??とびっくりしますよー。
ラーメンとも蕎麦ともつかぬオリジナリティ溢れる和風麺、ぜひお試しください~。

by kyoto-omoide | 2009-04-11 18:00 | 京都(ラーメン) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 平安神宮の桜(紅しだれコンサート)      龍安寺の桜 >>