MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 19日

大原の春

b0169330_13363552.jpg
市内の桜が終わりを迎える頃、洛北に位置する大原にも遅れて春がやってきます。(2008年4月13日訪問)



b0169330_1333473.jpg
大原三千院の参道も桜で彩られてました。
b0169330_13331687.jpg
三千院の客殿の南側にある池泉観賞式庭園「聚碧園」です。
b0169330_13332788.jpg
石楠花が咲き始めていました。
b0169330_13333691.jpg
苔と杉木立の中に往生極楽院が眺められる庭「有清園」です。大原三千院を代表する庭ですね。
b0169330_13334629.jpg
庭園の片隅には、苔に覆われた愛らしい「わらべ地蔵」が鎮座してます。
b0169330_13335589.jpg
寝転んで頬杖をついていたり、肩を並べて寄り添っている姿のわらべ地蔵たち、すっかり三千院のアイドル的存在になりました。
b0169330_1334587.jpg
次に訪れたのが、額縁庭園で有名な宝泉院。京都で一番好きなお寺です。
b0169330_13341316.jpg
水鉢はミツマタの花で彩られてました。
b0169330_13342334.jpg
b0169330_13343219.jpg
お抹茶をいただき、まったりさせていただきました(拝観料に含まれてます)。
b0169330_13344131.jpg
最後は、実光院に行きました。10月から4月まで咲き続ける不断桜で有名なお寺です。
b0169330_13351576.jpg

b0169330_13345836.jpg
客殿からも不断桜は眺められます。
b0169330_1334492.jpg
庭園(契心園)は、律川の水を取り入れた心字池を中心にした池泉観賞式と茶室(理覚庵)のある池泉廻遊式になっています。
b0169330_13352872.jpg
b0169330_13353980.jpg
b0169330_13354960.jpg
この不断桜は、10月ごろから咲き始め、秋には紅葉と競演するように満開となり、冬になっても咲き続け、4月には再び満開になるという不思議な桜です。
b0169330_1336288.jpg
b0169330_13361597.jpg
この時期は、周りの桜も咲いて、より一層華やかになります。
b0169330_13362564.jpg
昨秋のJR東海のキャンペーンになって以降、大原にはたくさんの人が訪れているようです。でも、大原にはやっぱり静けさが似合います。

by kyoto-omoide | 2009-04-19 08:30 | 京都(桜) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 千本ゑんま堂の普賢象      西陣カフェ巡り①(ひだまり、西... >>