MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 24日

京都のパン屋さん① -Le Petit Mec(ル・プチメック)-

b0169330_15491185.jpg
京都は「和」だけでなくケーキやパンの激戦区でもあり、レベルの高いパン屋さんがたくさんありますね~。まずは、京都を代表するブランジュリーの一つ、「ル・プチメック」です。1998年に今出川大宮にオープンして以来、そのビストロのような雰囲気とフランスの伝統的なパンが、訪れる人々を魅了し続けています。



b0169330_15494190.jpg
「ル・プチメック Le Petit Mec」(2009年1月17日訪問)赤い外観から通称「赤メック」とも呼ばれています。(金・土・日・祝のみの営業です。)
b0169330_1549136.jpg
朝一番に行ったら美味しそうなタルトが焼きあがっていました。どれを食べようか悩む・・・
b0169330_15492565.jpg
サンドイッチ系も多くあり、ハード系のパンが特に人気があります。選んである間に次から次へとお客さんがやってきます。
b0169330_15493336.jpg
イートイン席もあるんですが、この日は近くの公園でいただきました。
b0169330_15494993.jpg
この日買ったのは、「クロック・ムッシュ」と「オレンジのタルト」です。
b0169330_15495694.jpg
さっぱりとしたオレンジと、しっかりとして濃厚なタルト生地がおいしかったです。
b0169330_1550467.jpg
クロック・ムッシュもパンのサクサク感にチーズもハムもとってもあっていて美味しかったです。場所的にも1回しか行くことができなくて、もっと他のも食べたかったな・・・。
b0169330_15504672.jpg
こちらは、烏丸御池にできたル・プチメック 2号店です。(2009年3月9日訪問)黒で統一した高級感の漂う外観から「黒メック」と呼ばれています。
b0169330_15514214.jpg
1号店とは異なり、対面式で店員さんに欲しいパンを伝えるスタイルです。
b0169330_15505488.jpg
この日買ったのは・・・
b0169330_1551216.jpg
自家製ローストポークとクリームチーズ。
b0169330_1551961.jpg
チャバッタにローストポークとクリームチーズがはさんであり、食べ応えありました。
b0169330_15511866.jpg
こちらは、じゃがいもパン。生地にたっぷりとじゃがいもが練りこまれていて、外はカリカリ、中はもっちりしていて、食べるとじゃがいもの淡い香りが残ります。
b0169330_15512511.jpg
バニラビーンズのタルト。サクサクの生地とバニラの風味が絶妙に美味しかったです。

そして、そして、プチメックさんが東京に上陸しましたー。ル・プチメック東京 Le Petit Mec TOKYO(2009年5月23日訪問)
b0169330_15515858.jpg
b0169330_1552775.jpg
このロゴを東京で見ることになるなんて(@_@)
b0169330_15523387.jpg
今年4月24日、新しくできた新宿マルイ本館1階にオープンしたばかりです。入口のすぐ横にあってびっくり。これは相当気合いが入っています。なんでも、丸井の担当者は長いこと「ル・プチメックの空気がほしい」といってラブコールを続けていたそうです。
b0169330_1552408.jpg
プチメックさんらしい内装の店内ですが、特に「京都の名店来る!」とかコマーシャルはしていなかったので、ほとんどのお客さんは京都のパン屋さんてわからないでしょうね~。純粋にパンで勝負しようという気合いを感じました。
b0169330_15521433.jpg
京都と変わらないラインナップのパンが並んでます。
b0169330_15522464.jpg
でも、タルトがなかったし、まだ少ないようです。東京ではまだ材料が思うように手に入らないとか・・・。これからに期待ですね。
さて、「赤メック」、「黒メック」ときて、3号店は・・・
b0169330_15524854.jpg
「緑メック」でした~。スタッフさんの帽子も緑で統一されていました。
b0169330_15525537.jpg
この日買ったのはクロワッサンとブリオッシュショコラ。東京でプチメックのパンを食べれるなんてうれしー(涙)。ハード系も食べたいしこれから通うことになりそうです。

by kyoto-omoide | 2009-05-24 08:00 | 京都(パン) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 積翠園      新緑の嵯峨野巡り(後編) >>