MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 30日

都ライト’08

b0169330_14282076.jpg
西陣町家のライトアップ「都ライト」です。(2008年5月31日訪問)




b0169330_14263844.jpg
西陣は西陣織などの織物の町として知られていて、紅殻格子や虫籠窓の京町屋が多く残る地域です。都ライトは、西陣地区の花街「上七軒通」、西陣織の町「浄福寺通大黒町」などを中心にライトアップされ去年が4回目でした。
b0169330_14265812.jpg
上七軒通は京都にある最も古い歴史を持つ花街で、室町時代に北野天満宮の再建の際に残った用材を使って7軒の茶店が建てられたことからその名がついたと言われています。
b0169330_1427715.jpg
今も風情あるお茶屋などの町屋が連なります。
b0169330_14271796.jpg
b0169330_14273591.jpg
b0169330_14272675.jpg
b0169330_14274464.jpg
夕闇が迫るといよいよ灯りが鮮明になってきます。
b0169330_14275332.jpg
この「都ライト」は普通のライトアップと違って。外から照らすのではなく、町家や伝統的建築物等「暮らし」ある「内部」から「外部」へ光を放ちます。
b0169330_142814.jpg
つまり、建物から漏れる灯りで町並みを彩るということです。
b0169330_14281089.jpg
b0169330_14283075.jpg
b0169330_14284340.jpg
町屋の格子から漏れてくる灯りが何ともいえない美しさです。
b0169330_14285479.jpg
b0169330_1429764.jpg
こちらは浄福寺通大黒町で、昔から西陣織の職人町として知られています。
b0169330_14293235.jpg
濡れた石畳に漏れる灯りが感動的でした。
b0169330_14294287.jpg
b0169330_14302067.jpg
b0169330_14303056.jpg
いわゆるライトアップのイベントの様な派手さはありませんが、地域に暮らす人々と一緒になり各会場毎にその地域の特色を生かしたイベントを併設し、 「人と町、人と町家、町家と通り」を繋ぐ「織り成す暮らし」をテーマとした穏やかな光のイベントでした。今年も「都ライト’09」が5月29日~31日まで行われました。

by kyoto-omoide | 2009-05-30 19:00 | 京都(初夏) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新緑の光悦寺      智積院(ほたる鑑賞の夕べ) >>