MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 14日

森嘉のお豆腐② -天龍寺・西山艸堂の湯豆腐-

b0169330_8224443.jpg
森嘉の嵯峨豆腐をいただける「西山艸堂(せいざんそうどう)」さんを訪れました。(2009年1月10日訪問)



b0169330_7562310.jpg
天龍寺の塔頭の一つ「妙智院」の中にあります。西山艸堂とは妙智院の別号でもあり、「西の山の草深い所に立つお堂」という意味だそうです。
b0169330_7563276.jpg
雨に濡れた石畳を進んでいくと・・・
b0169330_758259.jpg
青竹に囲まれた書院造りの建物が見えてきました。
b0169330_7564055.jpg
雰囲気ある門が迎えてくれました。
b0169330_7564826.jpg
西山艸堂さんは、戦後早々の創業で嵯峨で一番古い湯豆腐のお店です。
b0169330_7573626.jpg
「湯どうふ」の暖簾をくぐると、お庭と建物の縁側に出ます。どこから上がるのかなと思ってたら・・・
b0169330_7572831.jpg
まさしく縁側が出入口で、こちらから座敷に上がります。
b0169330_757425.jpg
お料理は精進料理と湯豆腐がセットになった湯豆腐定食(3,150円)のみです。まず、精進料理が出てきました。右手のひろうすは、中に入っているゆり根やぎんなんなどの甘くてホクホクした味わいが、しっかりとしたお出汁と相まって絶品でした。
b0169330_7582588.jpg
ごま豆腐もごまの風味豊かな逸品です。わさびではなくしょうがでいただきます。
b0169330_7571122.jpg
精進料理をいただき始めた頃に土鍋にたっぷり入った湯豆腐が運ばれてきました。
b0169330_7583216.jpg
お出汁と昆布だけのシンプルな土鍋には森嘉のお豆腐がたっぷり入っていました^^なめらかな食感とともに繊細な味わいの森嘉のお豆腐は湯豆腐にはぴったりですね~。
b0169330_7572013.jpg
美しいお庭を眺めながらいただく、最高の湯豆腐・・・
b0169330_7584049.jpg
寒い冬の至福のひとときです^^
b0169330_7574493.jpg
すっかり身体も(お腹も)温まり、たぬきさんに見送られて西山艸堂さんをあとにしました。
b0169330_7575326.jpg
一歩、通りに出るとそこはいつも大勢の観光客で賑わう嵐山のメインストリートですが、森嘉の嵯峨豆腐を静かで趣のあるお寺の境内でいただくことができました。

by kyoto-omoide | 2010-01-14 11:30 | 京都(和食) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 早朝の清水寺へ      森嘉のお豆腐① -清涼寺・竹仙... >>