MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 24日

花背の里へ(後編) -花竹庵-

b0169330_803767.jpg
花背の里を散策中にお昼になりました^^



b0169330_803063.jpg
「花せそば」
b0169330_802335.jpg
その看板に導かれるように
b0169330_801638.jpg
こちらの茅葺屋根のお店にやってきました。
b0169330_80279.jpg
花背そば「花竹庵」さんです。(2008年8月9日訪問。現在は、改修されて茅葺屋根ではないそうです。)
b0169330_7595674.jpg
茅葺屋根と赤い壁がいい感じです。
b0169330_7595047.jpg
訪れたのがお盆前ということもあり、大文字の暖簾がかかっていました。
b0169330_7581081.jpg
早速中に入ると
b0169330_7581645.jpg
落ち着いた雰囲気が広がっています。
b0169330_7592462.jpg
テーブルの席や
b0169330_7593055.jpg
いろり端の席がありました。
b0169330_7593645.jpg
どこに座ろうか悩みましたが
b0169330_7583048.jpg
縁側の席にしました^^このあたりは標高約600m、吹き抜ける風も少し涼しげです。
b0169330_7584395.jpg
最初に、食前酒とお漬物が運ばれてきました。いただきます^^
b0169330_7585038.jpg
珍しい蕎麦米のお茶漬けが出てきました。
b0169330_758561.jpg
今回注文したのはお店の方のお勧めの「花背そば」。きざみ海苔とかつお節が乗った2種類のおそばに大根おろしのつゆをかけていただきます。
b0169330_759362.jpg
蕎麦には山椒が練りこまれている独特な風味豊かなおそばでした。
b0169330_759963.jpg
食べ終わると器にもお心遣いが^^
b0169330_7591783.jpg
各テーブルに置かれたそばの実の金平糖もポリポリ美味しくいただきました。
b0169330_7582379.jpg
縁側があり、庭があり、畳のお部屋にちゃぶ台、風鈴の音がちりんちりんと鳴る風景の中でいただく美味しいおそば。まるでおばあちゃんの家に帰って来たかのような気持ちになりました。
b0169330_815665.jpg
食後はもう少し花背の里を散策しました。
b0169330_82339.jpg
夏の花に彩られた鳥居を抜けて
b0169330_813150.jpg

b0169330_812581.jpg
どこまでも続く緑の道・・・
b0169330_811942.jpg
静かな山間に佇む里の風情・・・
b0169330_811160.jpg
すっかり少なくなってしまった
b0169330_81462.jpg
日本の原風景がここには残っていました。

by kyoto-omoide | 2010-08-24 11:30 | 京都(おそば) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 宇治川の鵜飼      花背の里へ(前編) -峰定寺- >>