MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 24日

御寺泉涌寺 -中秋の名月を愛でる会(前編)-

b0169330_23112832.jpg
昨年の中秋の名月の頃、泉涌寺で「中秋の名月を愛でる会」が行われました。(2009年10月4日訪問)



b0169330_044722.jpg
昨年の初秋の「そうだ 京都、行こう。」のキャンペーン寺院は泉涌寺でした。このポスターと同じ風景が楽しめるように
b0169330_23113690.jpg
中秋の名月の2日間(2009年10月3、4日)、「そうだ 京都、行こう。」会員の特典で、夜間特別拝観が行われました。
b0169330_23114429.jpg
行灯に明かりがともる夕刻・・・
b0169330_23115299.jpg
開門になり境内に入ります。
b0169330_23115910.jpg
行灯が続く道の向こう・・・
b0169330_2312582.jpg
厳かにライトアップされた仏殿が夕闇に浮かんでいました。
b0169330_23121220.jpg
しばらくすると東の空が明るくなってきました。
b0169330_23122050.jpg
厳粛な雰囲気の中・・・
b0169330_23122889.jpg
中秋の名月が姿を現しました。
b0169330_2312355.jpg
こんな荘厳な月の出を観たのは初めてです。
b0169330_2312437.jpg
ぴかぴかの満月が暮れゆく空に輝きます。
b0169330_23125759.jpg
ライトによるライトアップの光と
b0169330_23131189.jpg
満月の光で、仏殿の輝きもより美しいものに。
b0169330_23133377.jpg
あのポスターのような風景が広がりました^^
b0169330_23134756.jpg
刻々と移りゆく月の明かりが織りなすこの風景に
b0169330_2314198.jpg
この日この時間ここを訪れた人みんなが魅了され、たたずまれていました。
b0169330_2314995.jpg
東山・月輪山の麓に堂宇を構える泉涌寺
b0169330_23143150.jpg
「御寺(みてら)」とも呼ばれるこのお寺は、唯一の皇室の菩提寺であるなど皇室との縁が深く、かつては開創以来700年以上もの間、固く門が閉ざされていました。
b0169330_23144423.jpg
今ではこうして山に包まれた清浄な空気の漂う中、一般拝観もできるようになりました。そんな聖域らしい独特の空気感はこのお寺ならではのものです。
b0169330_23145118.jpg
そして、昨年9月、天皇在位20年の捧祝行事として、史上初めて夜間拝観が行われました。(その時の記事です→前編後編
b0169330_23145859.jpg
そんな貴重な空間で秋の夜長を過ごすことができました。この後は例のお菓子をいただきます^^

by kyoto-omoide | 2010-09-24 18:00 | 京都(初秋) | Comments(1)
Commented at 2016-08-11 04:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 御寺泉涌寺 -中秋の名月を愛で...      中秋の名月(十五夜・・・) >>