MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 24日

薬師寺(中編)

b0169330_18264676.jpg
緑濃い池を隔てた向こうにそびえる2本の塔。



b0169330_1827113.jpg
ポスターなどでもおなじみのこの光景を見たくて、昨年の10月に奈良・薬師寺を訪れました。(2010年10月22日訪問)
b0169330_1827924.jpg
近鉄西ノ京駅から西へ15分ほど歩くと勝間田池(通称:大池)が広がってきます。
b0169330_18271744.jpg
若草山を背景に池越しに見る薬師寺の姿は、奈良を代表する風景の一つです。
b0169330_18272618.jpg
左から、金堂の大屋根、西塔、そして東塔が並びます。
b0169330_18274435.jpg
目を凝らすと、金堂の左側には東大寺大仏殿が、西塔と東塔の間には興福寺の五重塔までも見えます。
b0169330_1828239.jpg
訪れた時は秋でしたので、池畔のコスモスが彩りを添えていました。
b0169330_18281120.jpg
美しい日本の原風景を見る思いでした。
b0169330_18281956.jpg
空がだんだんと暮れていきます。
b0169330_1828274.jpg
遠く奈良の市街にも明かりが灯り始めました。そして・・・
b0169330_18283568.jpg
薬師寺にも光が入りライトアップが始まりました。
b0169330_18284483.jpg
薄暮の中に・・・
b0169330_18285275.jpg
幻想的な姿が浮かび上がります。
b0169330_1829086.jpg
鳥たちも眠りにつく夜の帳がおりていくとともに、
b0169330_1829919.jpg
光に一層浮かび上がってきます。
b0169330_18291865.jpg
薬師寺のライトアップは1年中行われていますが、
b0169330_18293413.jpg
この光景を見ることができるのもあとわずかになりました。
b0169330_18294249.jpg
b0169330_18295171.jpg
しばらくするとお月さまが顔を出してくれました。
b0169330_18295947.jpg
この日は満月に近い月齢でしたが、夕方から曇り空でしたのでお月さまはあきらめていました。
b0169330_18321310.jpg
なので、朧月夜の下の薬師寺のライトアップを見ることができて嬉しかったです。
b0169330_1830752.jpg
残念ながらお月さまはすぐに雲に隠れてしまい、ほんの一瞬の天からのプレゼントでした。
b0169330_18301513.jpg
群青色の空に光が浮かび上がります。
b0169330_18302349.jpg
目を凝らすと、東塔と西塔の間に、ライトアップされた興福寺の五重塔も遠望することができました。
b0169330_18322155.jpg
b0169330_18303187.jpg
やがて、漆黒の闇があたりを支配し始めると・・・
b0169330_1830487.jpg
薬師寺からの光が、
b0169330_18305683.jpg
まるで天に向かって放たれるかのような幻想的な光景が現われました。
b0169330_1831561.jpg
b0169330_1831228.jpg
b0169330_18313163.jpg
荘厳な薬師寺のライトアップをこの目で見ることができ、心から感動しました。
b0169330_18313990.jpg
大池から薬師寺の南門まで戻ってきました。夜間は境内に入ることはできませんので、外からライトアップされた東塔を見上げました。
b0169330_18314820.jpg
b0169330_1832476.jpg
南門を真ん中に、光に浮かび上がる西塔と東塔の姿は崇高な美しさでした。

by kyoto-omoide | 2011-03-24 16:30 | 奈良 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 薬師寺(後編)      京都の和食④ -丸太町十二段家- >>