MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 06日

鎌倉散歩 #8 -明月院の梅(前編)-

b0169330_2185781.jpg
続いて、明月院を訪れました。(2011年2月19日訪問)



b0169330_219178.jpg
鎌倉のうさぎ寺で知られる明月院。初夏には両側をアジサイが咲き誇る参道の石段を上がっていきます。
b0169330_2192425.jpg
この時期は緑の竹を背に、ロウバイが黄色い花を咲かせていました。
b0169330_23562135.jpg
b0169330_2192969.jpg
梅に彩られた門を抜けると・・・
b0169330_2193440.jpg
方丈が見えてきます。
b0169330_2193990.jpg
明月院の方丈と言えば・・・
b0169330_2136258.jpg
有名なこの円窓。
b0169330_21363416.jpg
差し込む光が美しい情景を作り出していました。
b0169330_21363868.jpg
円窓があるこの方丈の部屋には、入口に置かれたユニセフ募金箱に募金(300円)をすると上がることができます。これまで数度明月院を訪れていますが、時間が早かったりしていたので今回初めて上がらせていただきました。
b0169330_21371463.jpg
四季折々に美しい円窓の風景ですが、この時期を彩るのは・・・
b0169330_21383396.jpg
この一本の白梅です。
b0169330_21382778.jpg
控えめに咲くこの一本だからこそ・・・
b0169330_21383981.jpg
この円窓の情景にマッチしているように思います。
b0169330_21391269.jpg
円窓の向こう側に出てみます。
b0169330_21391870.jpg
そこに広がっていたのは、奥庭と呼ばれる庭園でした。
b0169330_21392326.jpg
毎年、6月の花菖蒲と12月の紅葉の時期にのみ、この庭園が公開され入ることができます。
b0169330_21364315.jpg
特にこの庭園に花菖蒲が咲く頃は、境内に咲き乱れる紫陽花と相まって、
b0169330_2136549.jpg
明月院が最高に美しい季節と言われていますので、またその時期に訪れたいと思います。
b0169330_2138454.jpg
奥庭には2体の地蔵菩薩さまがいらっしゃって、この青地蔵は背を向けて立っています。次回、この庭園に入ることができた時にお目にかかるのが楽しみです。
b0169330_21381287.jpg
もう一体の赤地蔵はこちらを向いて立っていて、
b0169330_21382070.jpg
お二人とも帽子にマフラーに完全防寒装備で、暖かそうに早春の日差しを楽しんでおられました^^
b0169330_2137163.jpg
縁側から円窓を振り返ると・・・
b0169330_2137822.jpg
方丈の前に広がる・・・
b0169330_21362953.jpg
枯山水庭園を見ることができました。

by kyoto-omoide | 2011-03-06 09:30 | 鎌倉 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉散歩 #8 -明月院の梅(...      鎌倉散歩 #8 -東慶寺の梅(... >>