MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 12月 31日

良いお年をお迎えください。

b0169330_2330564.jpg
2011年もあとわずかとなりました。




京都を離れて3年が過ぎようとしていますが、今年も何度か京都を訪れることができました。
b0169330_233005.jpg
1月には月夜の下の極寒の清水寺を訪れました。

そして、3月には東山花灯路に訪れる予定でしたが、東日本大震災が発生し、東北・関東地方に大きな被害と悲しみをもたらしました。

b0169330_2328565.jpg
4月になってようやく訪れた京都は桜の季節。

b0169330_2330113.jpg
高台寺ではほのかな灯りに浮かぶ枝垂れ桜を愛で、

b0169330_23235092.jpg
桜の清水寺は西方浄土へ放たれる慈悲の光に照らされていました。

b0169330_23285165.jpg
そして、東寺では東北・岩手から植樹された「不二桜」が復興への祈りを込めて光に浮かび上がりました。

b0169330_23295455.jpg
新緑の季節を迎え、青蓮院門には鎮魂の青い灯りが灯りました。

b0169330_881883.jpg
夏は祇園祭・宵山。京都の街を包む込んだ祇園囃子は、仙台七夕祭りでも力強く響き渡りました。

b0169330_23235413.jpg
そして8月・・・
b0169330_2324156.jpg
大覚寺大沢池に鎮魂の灯篭が浮かびました。
b0169330_2324541.jpg
嵯峨の送り火が夜空を焦がし、
b0169330_23241079.jpg
火の粉となって還っていくお精霊さまを見送りました。

b0169330_2329862.jpg
10月、妙心寺の東林院は梵燈のほのかな灯りに照らされていました。
b0169330_2329073.jpg
浮かび上がる禅の言葉は東日本大震災の物故者追悼の意を込めた「生死事大(しょうじじだい)」。
b0169330_2329482.jpg
「生き死にの問題は重大であり、それをいかに超越するかが最大事であること。生死を繰り返す、この世の迷いを捨てて悟りを開くことは、いま生きているこの時しかなく、最も大切なことである。」

b0169330_2329157.jpg
そして、宵闇の宇治平等院。
b0169330_23292255.jpg
光に照らされた鳳凰堂に・・・
b0169330_23292871.jpg
阿弥陀如来が浮かび上がりました。
b0169330_23293456.jpg
そのあまりに神々しい風景に、
b0169330_23294093.jpg
祈りと願いを込めました。

b0169330_1951163.jpg
そして11月末、今年は遅れに遅れた紅葉もやっと見ごろを迎えました。厳しい冬の訪れの前の一瞬が輝きます。

b0169330_14572022.jpg
高台寺の「波心庭」には、古瓦約3千枚を並べ雲海を飛ぶ2匹の来年の干支「龍」をイメージした光の庭が浮かび上がりました。

今年も365回繰り返してきた夜が明けると、また新しい朝がやってきます。
b0169330_16344918.jpg
新しくやってくる2012年が、平和で平穏な年でありますように・・・

最後に、今年もご覧いただきましてありがとうございました。
皆様にとって2012年が良い年となりますようお祈り申し上げます。


by kyoto-omoide | 2011-12-31 00:00 | 京都(冬) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< あけましておめでとうございます。      大晦日の風景 -清水寺- >>