MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 01月 03日

俵屋吉富 -龍年の和菓子-

b0169330_1421876.jpg
俵屋吉富さんの龍年のお菓子をいただきました^^



b0169330_142457.jpg
京菓子の老舗「俵屋吉富」さんでは、毎年その年の干支にちなんだ和菓子を創られています。
b0169330_1424134.jpg
訪れたのは烏丸今出川にある俵屋吉富本店に併設された京菓子資料館。(2011年10月29日訪問)
b0169330_1423469.jpg
その1階にはお茶席「祥雲軒」があります。
b0169330_1423026.jpg
ここでは隣接する工場で作った生菓子とお抹茶をいただくことができます。
b0169330_1422659.jpg
通常は季節のお菓子3~4種類と、俵屋吉富の代表銘菓「雲龍」の中から選ぶことができますが、
b0169330_2194445.jpg
今回選んだのが、龍年にあたり創作された上生菓子。
b0169330_2193941.jpg
たなびく雲を龍が泳ぐ姿が描かれています。
b0169330_1422243.jpg
広がる和の空間で、龍年がいい年になることを祈りながらいただきました。
b0169330_219486.jpg
京菓子資料館では3月20日まで、「龍年の京菓子」展を開催しており、お茶席「祥雲軒」でこのお菓子をいただくことができます。

by kyoto-omoide | 2012-01-03 15:00 | 京都(Sweets) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 下鴨神社・ 蹴鞠はじめ(前編)      建仁寺の双龍図 >>