MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 12日

長崎旅情 -島原-

b0169330_187545.jpg
雲仙から普賢岳へ。(2012年4月27日~29日訪問)



b0169330_188493.jpg
雲仙温泉から車で仁田峠まで上がってきました。ここからロープウェイで妙見岳に上がると、
b0169330_1812270.jpg
駅上の展望台から一気に眺望が広がります。西側には雲仙の温泉街や、
b0169330_18121486.jpg
おしどりの池を見渡すことができました。
b0169330_18122653.jpg
階段を上がっていくと更に眺望が開け、
b0169330_1811551.jpg
東側には雲仙普賢岳の平成新山が姿を現しました。
b0169330_18122011.jpg
雲仙普賢岳は1990年(平成2年)11月に200年の眠りから覚めて噴火しました。このとき吹出した溶岩が固まってできた山が普賢岳より標高が高くなり「平成新山」と命名されました。
b0169330_18123336.jpg
南を向くと、有明海と島原の町並みを見下ろします。
b0169330_18124473.jpg
1991年(平成3年)6月3日、噴火でできた溶岩ドームが崩落し、この谷を大火砕流が駆けくだり43人が亡くなるという大惨事となりました。あれから20年近く、静けさを取り戻した山は美しい緑に包まれていました。
b0169330_18125047.jpg
山を降りた後はランチでこちらのお店へ。
b0169330_18131956.jpg
緑に包まれた山間にひっそり佇む「山の寺 邑居」さんです。
b0169330_18125530.jpg
「邑(ゆう)」とは、村や田舎、丘を表す言葉で、「居(きょ)」とは、住む暮らす、そして館を表し、田舎に暮らすこと、丘の上の館という意味だそうです。
b0169330_181367.jpg
お店の周りは豊かな自然と水源の森に抱かれ、島原の地の食材を使った美味しい料理をいただけることで人気のお店になっています。
b0169330_1813126.jpg
お店の中に案内していただくと、窓からは店内も緑色に染まるほどの美しい緑のシャワーが注ぎ込んでいました。
b0169330_1872337.jpg
やはりここは窓際の席に座らせていただきました。
b0169330_187191.jpg
さて、各テーブルにはこのような装置があり、水が流れています。
b0169330_187285.jpg
しばらくすると注文していた「手延べそうめん」と「黒ごまそうめん」が運ばれてきました。
b0169330_1873330.jpg
添えられた青モミジも瑞々しく、清らかな気持ちにさせてくれました。そして、このおそうめんを・・・
b0169330_1873741.jpg
新鮮な湧水の中に浸します。中はこの水が回流しており、
b0169330_1874159.jpg
こうしてお箸ですくって、
b0169330_1874576.jpg
おつゆにつけていただきます。これは島原の風物詩の一つ、「そうめん流し」です。ちなみに竹を流れるそうめんをすくっていただくのは「流しそうめん」。流れ落ちて行かないのでゆっくりいただくことができました^^
b0169330_1874924.jpg
ヤマメの塩焼きも美味しく、
b0169330_18131215.jpg
緑に囲まれた中でいただく大満足のランチとなりました。
b0169330_18133135.jpg
鮮やかに咲き誇るツツジの群落を観ながら島原の市街地へと向かいます。
b0169330_18133813.jpg
途中、「旧大野木場小学校」を訪れました。
b0169330_18134323.jpg
普賢岳が噴火活動を続けていた平成3年9月15日に大規模火砕流が発生し、熱風が襲い大野木場小学校や多数の家屋が焼失しました。
b0169330_857937.jpg
案内板に掲載されたその当時の写真。目の前の風景から想像もできないほどの凄まじさに思わず息を飲みました。。
b0169330_18135150.jpg
被災後大野木場小学校は移転しましたが、被災した校舎は火砕流遺構としてそのまま保存されています。校舎の中も、熱風で溶けたりゆがんだ机やいすなどが残っています。
b0169330_1814626.jpg
校舎のそばには溶岩ドーム監視、工事従事者の避難場所など、砂防工事の安全確保を目的に建設された大野木場砂防みらい館があり、中からは普賢岳を真正面に見据えます。
b0169330_18135872.jpg
平成3年9月、あの山からこの場所に大火砕流が流れ下りました。
b0169330_18141247.jpg
青空に映える普賢岳は、20年前に大惨事を引き起こしたことも忘れてしまいそうなほど静けさと美しい緑に包まれていましたが、ここに立って改めて自然災害の脅威を感じました。火山、火砕流による被災の場というのは初めて見るもので、地震、台風などの被災地とはまた違った胸に迫りくるものがありました。
b0169330_18144283.jpg
島原の街に着き、
b0169330_1814242.jpg
キリシタン迫害と島原の乱の舞台となった島原城へ。
b0169330_18143659.jpg
城内は美しい緑に包まれ、
b0169330_18143057.jpg
天守閣からは島原の街並みと雲仙の山並みを見渡しました。
b0169330_18144728.jpg
最後に島原城の近くにある武家屋敷街へ。
b0169330_18145852.jpg
町筋の中央には水路が流れる美しい佇まいが広がり、
b0169330_18145394.jpg
清水が清らかな音をたてて流れていました。
b0169330_1815457.jpg
長崎の小京都、島原は清らかな湧水が湧き出ずる水の都でした。

by kyoto-omoide | 2012-05-12 10:00 | 九州 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 長崎旅情 -長崎バイオパーク-      長崎旅情 -雲仙- >>