MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 06月 27日

初夏の大原 -大原三千院-

b0169330_1727157.jpg
三千院へ。(2008年6月29日訪問)



b0169330_1727978.jpg
客殿前に広がる聚碧園は真緑に包まれ、
b0169330_17271676.jpg
風に青モミジがそよぐ音と、
b0169330_17272452.jpg

水の流るる音だけが響く、
b0169330_17271745.jpg
静寂の空間が広がっていました。
b0169330_22123870.jpg
b0169330_22122843.jpg
客殿の中から見る庭園も美しく、
b0169330_22123884.jpg
青モミジが迫ってくるようです。
b0169330_22124673.jpg
そんな中に響く水の音に、
b0169330_22125696.jpg
そっと身を委ねました。
b0169330_22133290.jpg
続いて宸殿前に広がる有清園へ。
b0169330_2213930.jpg
宸殿から苔と杉木立に包まれた往生極楽院を眺める大原を代表する美しい風景が広がります。
b0169330_2213734.jpg
春のシャクナゲ、秋の紅葉と四季折々に美しい姿を見せてくれる庭園は、
b0169330_22133382.jpg
空気さえもが清々しさに満ち溢れていました。
b0169330_22134277.jpg
b0169330_22134423.jpg
初夏の深い緑に包まれた風景を堪能した後は、
b0169330_22135419.jpg
宸殿をから庭園へと下ります。
b0169330_22171497.jpg
目の前に青モミジと青苔が広がり、
b0169330_22135570.jpg
周りの木々の深い緑を感じながら歩いていきます。
b0169330_2217308.jpg
b0169330_22172510.jpg
振り返ると宸殿の灯りも青モミジに包まれていました。
b0169330_22173641.jpg
b0169330_22174167.jpg
往生極楽院で国宝の阿弥陀三尊にお参りし、
b0169330_22174871.jpg
進んでいくと、緑の苔の中に見えてくるのが、
b0169330_221817.jpg
可愛らしいわらべ地蔵です。
b0169330_2218824.jpg
緑の苔の中で佇むそのほほえましい表情は、すっかり三千院の人気者になりました。
b0169330_22181335.jpg
b0169330_22182078.jpg
b0169330_22183519.jpg
b0169330_22182826.jpg
わらべ地蔵に癒された後は、
b0169330_22184159.jpg
奥の院のアジサイ園へ。
b0169330_22185355.jpg
金色不動へと向かう参道脇を中心としたアジサイ園には、
b0169330_22184892.jpg
3000株以上の紫陽花が咲き誇り、
b0169330_22185988.jpg
静寂の杉木立の中に咲くさまは、初夏の三千院の風景となっています。
b0169330_2219433.jpg
ブルーの紫陽花に彩られた園路を歩いていきます。
b0169330_22191568.jpg
咲き誇る紫陽花と、
b0169330_22192172.jpg
青モミジに包まれた紫陽花の径は、
b0169330_2219278.jpg
荘厳な山寺の張りつめた空気の中で、しっとりとした美しさを醸し出していました。
b0169330_22193272.jpg
聖域に咲き誇る紫陽花は、
b0169330_22193858.jpg
一層鮮やかなブルーに染まっていました。

by kyoto-omoide | 2012-06-27 08:30 | 京都(初夏) | Comments(2)
Commented by boratu at 2012-06-27 22:40 x
こんばんは。
わらべ地蔵さんはやっぱ可愛い(´∀`*)
あじさいといえば当然のごとく三千院の風景も思い浮かぶんですが
ここは超絶人気スポットですから写真撮るには朝一番に訪れるのが必須ですね。
特に往生極楽院を絡めて撮ろうとなると最初の庭とかすっ飛ばす勢いで来ないとダメですね。
モタモタしてるとすぐ人が集まって来てヽ(`Д´)ノ

良いタイミングで綺麗に撮れてますね。羨ましい。
Commented by kyoto-omoide at 2012-06-29 21:54
boratuさん、こんばんは。
三千院はやはり朝一がいいですね。
人が増えてくるということもありますが、それ以上に、
流れている空気も張りつめているように感じがします。
是非また訪れて下さいね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 初夏の大原 -宝泉院-      初夏の大原 -大原の里- >>