MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 26日

夏の高野山へ -金剛峯寺(後編)-

b0169330_18105017.jpg
日本最大の石庭「蟠龍庭」へ。(2011年8月21日~22日訪問)



b0169330_11315087.jpg
別殿を回り込んでいくと、
b0169330_1131569.jpg
緑に包まれた白砂の庭園が広がってきます。
b0169330_1892875.jpg
「蟠龍庭(ばんりゅうてい)」です。
b0169330_18101661.jpg
白砂に青モミジが美しく映え、
b0169330_18112568.jpg
庭園に降りかかります。
b0169330_18104932.jpg
蟠龍庭と呼ばれるこの庭園は、昭和59年、弘法大師御入定1150年・御遠忌大法会の際に造園されました。
b0169330_1811315.jpg
蟠龍とは、天に昇らずひそんでいる龍のことを言うそうです。
b0169330_18102814.jpg
青モミジの向こうには、
b0169330_18111442.jpg
大きな石組が見えています。
b0169330_1723437.jpg
そして別殿を回り込むと、広大な石庭が目に飛び込んできました。
b0169330_17235570.jpg
別殿と奥殿の前に広がるこの石庭が蟠龍庭の中核であり、
b0169330_1724148.jpg
広さ約2,340㎡の日本最大の石庭です。
b0169330_17231026.jpg
一面に敷き詰められた白砂に石を配置したこの石庭は、
b0169330_1723482.jpg
雌雄二頭の龍をイメージした各種の石が配されており、庭の白砂は京都の「白川砂」を敷いています。
b0169330_17231643.jpg
龍を表した石は、雲海の中で向かって左に雄、向かって右に雌の一対の龍が向かい合い、奥殿を守っているように表現されています。この石も、弘法大師誕生の地である四国の花崗岩が使われているそうです。
b0169330_18114789.jpg
庭園の周りに広がる緑も美しく、
b0169330_1811178.jpg
自然境の中の霊場にふさわしい清々しさでした。
b0169330_18111151.jpg
別殿の廊下を少しずつ移動して、
b0169330_17233566.jpg
別殿の建物の中から眺めてみます。
b0169330_17232233.jpg
b0169330_17234187.jpg
石庭は奥殿の奥から、
b0169330_18115910.jpg
さらに新書院へとつながっていましたが、この先は残念ながら非公開でした。
b0169330_18112410.jpg
壮大なスケールの石庭を心行くまで眺めることができました。
b0169330_17241418.jpg
蟠龍庭を観た後は右手の新別殿へ。
b0169330_18102661.jpg
こちらは参拝者の休憩所となっており、
b0169330_1893987.jpg
お茶の接待がありました。
b0169330_18103996.jpg
b0169330_1810454.jpg
ゆっくりとお茶をいただいた後、金剛峯寺の拝観を終えました。
b0169330_18121087.jpg
帰りは正門ではなくもう一つの門「会下門」へ。
b0169330_11305396.jpg
門をくぐり、金剛峯寺の境内に別れを告げます。
b0169330_11305690.jpg
b0169330_1131128.jpg
堂々たる造りの会下門は、
b0169330_1131835.jpg
四脚門形式の正門に対し、長屋門形式の門となっています。
b0169330_11314465.jpg
美しい緑と、
b0169330_11313139.jpg
杉木立に抱かれた石段を、
b0169330_11313629.jpg
ゆっくりと下って行きました。
b0169330_11312158.jpg
b0169330_11312580.jpg
金剛峯寺のお参りの後は、高野山のもう一つの聖地である奥の院に向かいます。

by kyoto-omoide | 2012-08-26 08:30 | 和歌山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夏の高野山へ -奥の院(前編)-      夏の高野山へ -金剛峯寺(中編)- >>