MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 06日

京都・宇治灯り絵巻2011 -宇治川夕景(前編)-

b0169330_8375564.jpg
夕暮れの宇治川へ。(2011年10月8、9日訪問)



b0169330_838798.jpg
白鷺が羽を休める夕暮れ時。
b0169330_8383139.jpg
宇治川がオレンジ色に染まっていきます。
b0169330_8381614.jpg
宇治川に架かる朝霧橋の向こうに、
b0169330_8382584.jpg
夕日が沈んでいこうとしています。
b0169330_838489.jpg
今日の最後の輝きを放ち、
b0169330_8385662.jpg
空も川の流れもオレンジ色に染め上げます。
b0169330_983959.jpg
朝霧橋に上がると、
b0169330_985197.jpg
橋の上には行燈が並び、
b0169330_9922.jpg
点灯の時間を待っていました。
b0169330_99384.jpg
橋を渡るのは日が沈むまでもう少し待つことにしました。
b0169330_991532.jpg
空もますます茜色に染まっていき、
b0169330_992883.jpg
いい感じで焼けてきました。
b0169330_993061.jpg
荘厳な日の入りのショーを、
b0169330_994261.jpg
しばらくの間、見入っていました。
b0169330_995555.jpg
b0169330_910868.jpg
そうしてゆっくりと、
b0169330_910211.jpg
日が朝霧橋の向こうに落ちていきました。
b0169330_20584657.jpg
b0169330_910988.jpg
そして空全体が美しい夕焼けに染まり、
b0169330_20582760.jpg
辺りは見事な茜色に染まりました。
b0169330_2112586.jpg
ようやく朝霧橋へ。
b0169330_20585050.jpg
b0169330_20592035.jpg
夕焼け空の向こうに橋が続いています。
b0169330_2101252.jpg
b0169330_2059380.jpg
暗くなるにつれ一層鮮やかに空が焼け、
b0169330_2059477.jpg
雲の形が少しずつ違った表情を見せていました。
b0169330_21002.jpg
空の色と雲が作り出す秋の夕焼けは、
b0169330_20594295.jpg
壮大な美しさでこの世界を包み込んでいきました。
b0169330_2104480.jpg
宇治川の流れも夕焼け空を映し、
b0169330_20595644.jpg
悠々と流れていきます。
b0169330_2102757.jpg
もう一度、川のたもとから夕焼け空を背景にした朝霧橋を眺めました。
b0169330_2111321.jpg
b0169330_2105612.jpg
b0169330_2113634.jpg
朝霧橋に戻ると、オレンジの輝きも少しずつ弱まり、
b0169330_2111893.jpg
明りが灯りはじめました。
b0169330_2114884.jpg
b0169330_2114064.jpg
b0169330_212846.jpg
空の主役は茜色から群青色へと変わっていきます。

by kyoto-omoide | 2012-10-06 17:00 | 京都(秋) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京都・宇治灯り絵巻2011 -...      IZUMO(後編) >>