MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 15日

鎌倉散歩 #25 -ダイヤモンド富士(後編)-

b0169330_2138481.jpg
ダイヤモンドの煌めき。(2012年9月9日訪問)



b0169330_21385461.jpg
富士山に落ちてゆく荘厳な夕日。
b0169330_2138583.jpg
ダイヤモンド富士が輝きました。
b0169330_2139290.jpg
波や引き波もオレンジに染まり、
b0169330_21391174.jpg
鵠沼海岸は美しい風景が広がっていました。
b0169330_21391585.jpg
初めて見たダイヤモンド富士、
b0169330_21391928.jpg
この風景に純粋に感動していましたが、
b0169330_21392390.jpg
実は本当のダイヤモンド富士は、もっと澄んだ空気の中で太陽の輪郭が鮮明に輝くことを言うそうです。
b0169330_21392774.jpg
この日の富士山の空には薄雲がかかり、少しぼやけた輝きになっていましたが、
b0169330_21393038.jpg
この輝きを見ることができて満足しました。
b0169330_21393672.jpg
また来年以降もチャンスがあればピカッと輝くダイヤモンド富士を見てみたいです。
b0169330_21394232.jpg
段々と沈んでいく夕日が、富士山のシルエットを浮かびあがらせていきます。
b0169330_21394773.jpg
静かな浜辺に打ち寄せる波。
b0169330_21395986.jpg
夏の終わりの寂寥感を味わいながら、
b0169330_2140492.jpg
砂浜に立ちつくしていました。
b0169330_21401656.jpg
b0169330_21401165.jpg
b0169330_21402271.jpg
富士山に落ちてゆく夕日が、
b0169330_21402746.jpg
黄金の輝きを放ち、
b0169330_21403218.jpg
この世界を茜色に染めていきました。
b0169330_21403737.jpg
同時に少しずつ暗闇が忍び寄り、
b0169330_21404717.jpg
富士山が雄大なシルエットを浮かび上がらせる中を、
b0169330_21412335.jpg
一人、
b0169330_21405380.jpg
また一人とサーファーが陸に上がっていきます。
b0169330_21405880.jpg
寄せる波に映す夕日のオレンジの色も、
b0169330_2141348.jpg
少しずつ色を落としていき、
b0169330_21411785.jpg
夕暮れの終わりが近づいてきたことを感じました。
b0169330_21414193.jpg
夕焼け空に浮かぶ富士山のシルエットも、
b0169330_21414695.jpg
幽玄の染まる色の中で、
b0169330_21415283.jpg
鮮やかなコントラストを見せてくれました。
b0169330_21415890.jpg
段々と空が暗くなっていき、オレンジの光の帯も狭まっていきます。
b0169330_2142365.jpg
もうすぐ海岸にも宵闇が迫って来る前の一瞬、
b0169330_2142978.jpg
心に迫る夕景を見ることができました。
b0169330_21421550.jpg
b0169330_2142206.jpg
b0169330_21422669.jpg
b0169330_2142442.jpg
サーファーたちも次々と引き上げてゆく夕暮れの終わり、
b0169330_21423823.jpg
ダイヤモンド富士を満喫した鵠沼海岸を後にしました。

by kyoto-omoide | 2012-09-15 17:40 | 鎌倉 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 二条城展      鎌倉散歩 #25 -ダイヤモン... >>