MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 29日

亀岡祭 -楽々荘・チンギアーレ-

b0169330_1854994.jpg
亀岡の歴史ある建物でいただくイタリアンのお店へ。(2010年10月24日訪問)



b0169330_1855919.jpg
亀岡祭の日、亀岡駅前で鉾を観た後、ランチで訪れたのは料理旅館で知られる「楽々荘」。
b0169330_187269.jpg
重厚な木壁に掲げられたイタリアンの旗を見ながら、
b0169330_186860.jpg
エントランスを入ると、
b0169330_186225.jpg
家宝の甲冑や、
b0169330_1865862.jpg
秘蔵の屏風が展示されていました。
b0169330_18243232.jpg
建物の中に入ると奥に見えてくるのがイタリアンのお店「リストランテ チンギアーレ」です。イルギオットーネ出身のシェフのお店ということで人気の高いお店となっています。
b0169330_187137.jpg
お店の中にはいると、窓の外には緑の庭園が広がります。
b0169330_1861539.jpg
奥の席に案内していただくと、
b0169330_1862256.jpg
差し込む緑の光が心地よく感じられました。
b0169330_1872043.jpg
早速、白ワインをグラスでいただきました^^
b0169330_1872551.jpg
ちょうど秋の期間限定コース「秋のキノコメニュー」(3675円)がありましたのでそれをお願いしました。
b0169330_1873023.jpg
まずはアミューズ。
b0169330_187366.jpg
そして3種類のパン。
b0169330_18225928.jpg
続いて、前菜「鱧とキノコのココット煮」が出てきました。
b0169330_18231095.jpg
鱧とたっぷりのキノコの旨みが凝縮され、鶏肉や地場野菜ともよく調和していました。
b0169330_18231766.jpg
続いてはパスタ。
b0169330_18233921.jpg
「秋鮭とキノコのタリアテッレ」
b0169330_18234410.jpg
サーモンソースのパスタにコリコリしたキノコの食感がよく合い、イクラの旨みとの相性も抜群の美味しさでした。
b0169330_18234933.jpg
メイン料理は肉と魚から選ぶことができ魚料理をチョイスしました。
b0169330_18235425.jpg
包みの中から出てきたのは、「鮮魚とキノコの紙包み焼き」。
b0169330_1824532.jpg
包みを開けるとキノコの香りが立ち込めました。魚や野菜の旨みも閉じ込められ、食材の素材を十二分に活かした美味しい料理でした。
b0169330_18241043.jpg
最後はデザート。
b0169330_1824201.jpg
「秋のデザート盛り合わせ」
b0169330_18242771.jpg
コーヒーもいただいて満足のランチとなりました。
b0169330_1854152.jpg
食後は楽々荘の庭園を見せていただきました。
b0169330_1854585.jpg
楽々荘は京都鉄道会社(現在のJR山陰本線)の創設者で衆議院議員・貴族院議員を務めた田中源太郎の生家を改築したものです。
b0169330_1863888.jpg
敷地内には、山陰本線(現在のトロッコ列車)のトンネルや鉄橋と同じレンガをつかった洋館や豪壮な書院造りの和館などが建ち並び、
b0169330_1865114.jpg
その敷地面積は約1750坪の広さを誇ります。建物(玄関・日本館・洋館の3棟)は、平成9年に国登録有形文化財に指定されました。
b0169330_1853211.jpg
そしてその敷地の約半分を占めるのが、約700坪の回遊式池泉庭園で、山縣有朋の別荘「無隣庵」や平安神宮神苑等の造園知られる七代目小川治兵衞 (植治)の作と伝えられています。
b0169330_1853697.jpg
安土桃山時代の石燈籠や鉄製井筒など亀山城から移設されているものも多く、この庭園も平成22年春には京都府名勝(文化財)に登録されています。
b0169330_1852337.jpg
緑豊かな庭園と歴史的な建物でいただく新鮮な地元野菜のイタリアン。
b0169330_1851877.jpg
亀岡の歴史と食材を楽しむことができました。

by kyoto-omoide | 2012-10-29 11:30 | 京都(イタリアン) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 亀岡祭 -宵山・山鉾集結(後編)-      亀岡祭 -宵山・山鉾集結(前編)- >>