MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 02月 22日

大原雪景色 -実光院-

b0169330_758821.jpg
続いて実光院を訪れました。(2010年2月7日訪問)



b0169330_758986.jpg
実光院の山門は、昨年秋に建て替えられ、現在は真新しい山門に変わっています。
b0169330_2234090.jpg
山門をくぐり、
b0169330_9543684.jpg
一段低い位置にある玄関へと進んでいきます。
b0169330_9543169.jpg
受付を済ませ、まずは客殿へ。
b0169330_2234630.jpg
客殿の南に広がる雪の庭園は、
b0169330_2235639.jpg
池泉鑑賞式庭園の「契心園」。
b0169330_2241591.jpg
美しい雪の庭園を眺めていると、お抹茶を持ってきていただけました。
b0169330_2242660.jpg
寒い朝にいただく一服のお抹茶。
b0169330_2244923.jpg
立ちのぼる湯気にほっこりします^^
b0169330_015527.jpg
客殿の中には石琴や、
b0169330_02321.jpg
編鐘といった声明の楽器が、澄んだ音色を響き渡らせます。
b0169330_013066.jpg
静寂の空間で、
b0169330_012497.jpg
ゆっくりとお抹茶をいただきました。
b0169330_011451.jpg
契心園は客殿の西側にかけても広がり、
b0169330_225114.jpg
こちらも深い雪に包まれていました。
b0169330_011931.jpg
ストーブの置かれた客殿は暖かく、もう少し暖まっていきたかったですが、
b0169330_014510.jpg
すぐに融けていくのが京都の雪。
b0169330_015023.jpg
この空間を後にして、
b0169330_9542558.jpg
備え付けのスリッパを履いて契心園へと出ます。
b0169330_9541769.jpg
庭園の左側に見えてくるのが、
b0169330_9532217.jpg
秋から春にかけて咲くことで知られる不断桜。
b0169330_02921.jpg
周りはすごい雪で近づくことはできませんでしたが、
b0169330_021617.jpg
重い雪を背負って精一杯咲いていました。
b0169330_9533083.jpg
b0169330_9534274.jpg
b0169330_9531952.jpg
雪をまとった不断桜を愛でた後は、
b0169330_954971.jpg
庭園の奥へと歩いていきます。
b0169330_9534516.jpg
雪の覆われた庭園の中に、
b0169330_953629.jpg
赤い万両の実が、
b0169330_9531058.jpg
純白の雪の中でひときわ鮮やかに浮かび上がっていました。
b0169330_9535846.jpg
契心園の雪景色を堪能し、
b0169330_9544233.jpg
実光院を後にしました。

by kyoto-omoide | 2013-02-22 09:30 | 京都(雪) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大原雪景色 -勝林院-      大原雪景色 -宝泉院- >>