MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 01月 14日

森嘉のお豆腐⑥ -湯豆腐嵯峨野(前編)-

b0169330_23311521.jpg
嵯峨野の湯豆腐。(2013年1月19日訪問)



b0169330_23312931.jpg
人力車が行き交う嵐山の一角に、
b0169330_23313417.jpg
「湯豆腐嵯峨野」はあります。
b0169330_23314031.jpg
天龍寺にほど近く、渡月橋界隈の喧騒から隔離された空間に、
b0169330_2331457.jpg
数寄屋造りの純和風の建物が立っています。
b0169330_22373432.jpg
こちらでいただけるのが、
b0169330_22374362.jpg
森嘉のお豆腐を使った湯豆腐定食。
b0169330_22372561.jpg
奥のお座敷を見ながら、
b0169330_22371647.jpg
カウンターのお席に案内していただきました。
b0169330_23334544.jpg
お店の中は、
b0169330_2237853.jpg
和の風情が広がり、
b0169330_23332374.jpg
落ち着いた雰囲気が広がっていました。
b0169330_23394264.jpg
しばらくして湯豆腐定食(3800円)が運ばれてきました。湯豆腐を含め、いっぺんに料理が並びなかなか壮観です。
b0169330_23392568.jpg
湯豆腐が温まる前にお料理をいただきます。まずは飛竜頭(ひろうす)をいただきました。
b0169330_7143345.jpg
香り高いお出汁がたっぷりしゅんでいます。
b0169330_23393349.jpg
こちらはこんにゃく刺し。
b0169330_7144161.jpg
つるっとしたこんにゃくの食感と、ほどよい酸味と甘みの柚子味噌が絶品でした。
b0169330_7135414.jpg
ごま豆腐に、
b0169330_7141316.jpg
そしてお吸い物にほっこりする頃、
b0169330_7145080.jpg
湯豆腐も温まってきました。
b0169330_715890.jpg
森嘉のお豆腐がたっぷり一丁。
b0169330_7151849.jpg
出し昆布の香りも食欲をそそります。
b0169330_7153829.jpg
出し醤油に薬味を入れて、
b0169330_7154789.jpg
熱々のお豆腐をすくい、
b0169330_71651.jpg
いただきます^^
b0169330_7161871.jpg
森嘉のお豆腐ならではのふわふわ、ホロホロと口溶けるような舌触り。
b0169330_7162680.jpg
湯豆腐をいただいているうちに、天ぷらとご飯が運ばれてきました。
b0169330_716367.jpg
サクサクの季節のお野菜の天ぷらと、
b0169330_22363556.jpg
千枚漬けとご飯まで美味しくいただきました。
b0169330_22364565.jpg
最後はデザート。
b0169330_2236534.jpg
豆腐プリンですが、豆腐とは思えないほどのプルンとした食感の良さと柔らかい甘さ。ブルーベリージャムとの相性もよく、最後まで豆腐の美味しさを堪能できたコースでした。
b0169330_23333058.jpg
美味しい湯豆腐をいただいた後は、
b0169330_233338100.jpg
外に見える庭園を散策させていただきました。

by kyoto-omoide | 2014-01-14 11:00 | 京都(和食) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 森嘉のお豆腐⑥ -湯豆腐嵯峨野...      森嘉のお豆腐⑤ -松籟庵- >>