MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 02日

鎌倉散歩 #30 -北鎌倉 吊るし飾りのある街(前編)-

b0169330_7421933.jpg
早春の北鎌倉の街が吊るし飾りで彩られました。



b0169330_742574.jpg
北鎌倉では早春の時期、店舗や家屋の軒先に色とりどりのつるし飾りが飾られます。
b0169330_7391856.jpg
その中心となる会場の一つが奥飛騨から移築されてきた170年前の民家の建物の「かまくら陶芸館」です。
b0169330_739338.jpg
開館時間になり中に入ると、
b0169330_7412619.jpg
高い梁天井にかけられたたくさんの数の吊るし飾りが目に入ってきました。
b0169330_740679.jpg
b0169330_7402872.jpg
「つるし飾り」は、縮緬などの着物の布を解いて作った細工物を紐で繋げて、竹等で作った輪に吊るして飾りにした物です。
b0169330_7393911.jpg
その起こりは江戸時代とされていて細工物一つ一つに長寿や健康などを願う意味があり、
b0169330_739457.jpg
女の子が生まれたお祝いとして届けられ、桃の節句に飾ったと云われています。
b0169330_7395138.jpg
全国的にも、九州柳川の「さげもん」、静岡稲取の「つるし雛」、山形酒田の「傘福」など日本各地に伝わっている吊るし飾り。
b0169330_7401073.jpg
細工物一つ一つに様々な願いが込められ、
b0169330_7402261.jpg
吊るす数にも長寿への願いが込められています。
b0169330_740192.jpg
素朴な表情と手作りの暖かさに溢れた飾りの一つ一つをゆっくり見せていただいていると、
b0169330_7401549.jpg
はんなりとした気持ちになりました。
b0169330_7403422.jpg
b0169330_7404186.jpg
b0169330_7405564.jpg
b0169330_74118.jpg
b0169330_741208.jpg
b0169330_7413279.jpg
b0169330_7413942.jpg
b0169330_741877.jpg
外を見ると吊るし飾り越しに、喫茶ミンカさんの古民家が見えました。
b0169330_7414585.jpg
かまくら陶芸館の吊るし飾りを堪能し、
b0169330_7415121.jpg
一旦外に出ました。
b0169330_744256.jpg
鎌倉街道に続くお店などに吊るされた飾りを見て歩きます。こちらは雪堂美術館。
b0169330_7441079.jpg
細い路地の奥にある雪堂門に吊るし飾りが吊るされ、
b0169330_7441686.jpg
風情ある路地が奥の美術館へと続いています。
b0169330_7442370.jpg
b0169330_7443057.jpg
b0169330_7434739.jpg
しばらく北鎌倉を散策した後、お昼前に再びかまくら陶芸館に戻ってきました。
b0169330_7435513.jpg
お昼には建物の2階でお食事をいただくことができます。
b0169330_743891.jpg
2階の食事処へ上がると、奥飛騨の古民家らしいがっしりとした黒い柱や梁が落ち着いた空間を創り出していました。
b0169330_742406.jpg
こちらにも吊るし飾りが飾られ、
b0169330_7425388.jpg
落ち着いた店内の雰囲気とマッチしていました。
b0169330_7424718.jpg
窓の向こうにはテラスがあり、気候のいい時期は外でも食事をいただくことができるそうです。
b0169330_7423385.jpg
こちらでいただいたのが、
b0169330_7431430.jpg
地元鎌倉や湘南、三浦など瞬の素材を使った「建長(けんちん)膳」(1700円)。
b0169330_7432113.jpg
季節の野菜のてんぷら。鎌倉塩がかかっており、このままいただきます。
b0169330_7451175.jpg
三崎まぐろの焼き物に、
b0169330_7451775.jpg
菜の花と蕪の和え物。
b0169330_7433498.jpg
煮物は湘南豚と三浦大根、ほうれん草。
b0169330_7432894.jpg
そしてこちらが建長(けんちん)汁。
b0169330_7452843.jpg
建長寺発祥と伝わる北鎌倉の名物料理の一つです。
b0169330_7445133.jpg
ごはんはむかご入り。ヘルシーながらボリュームもあり、お腹がいっぱいになりました^^
b0169330_7434051.jpg
古民家の落ち着いた雰囲気の中で、地元の旬の素材を使った美味しい料理をリーズナブルにいただくことができました。

by kyoto-omoide | 2013-03-02 10:00 | 鎌倉 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉散歩 #30 -北鎌倉 吊...      鎌倉散歩 #30 -埜庵・冬の... >>