MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 26日

東寺(中編)

b0169330_11263280.jpg
国宝・五重塔へ。(2012年3月20日訪問)



b0169330_11263845.jpg
拝観時間になり、金堂や五重塔が並ぶ有料拝観区域に入ります。
b0169330_11265128.jpg
もうすぐ美しい花を咲かせる不二桜を見上げ、
b0169330_11265731.jpg
まずは五重塔へと進んでいきます。
b0169330_11294214.jpg
五重塔のそばには、
b0169330_11395727.jpg
ここにも河津桜が植えられ、
b0169330_11401875.jpg
朝日にピンクの花が照らされていました。
b0169330_11403094.jpg
b0169330_22572816.jpg
日を透かせて見ると一層艶やかなピンク色が浮かび上がりました。
b0169330_22573428.jpg
b0169330_22575859.jpg
b0169330_8363252.jpg
b0169330_8363894.jpg
b0169330_1140637.jpg
五重塔を彩る河津桜をゆっくりと愛でることができました。
b0169330_11405356.jpg
また、五重塔のそばには、
b0169330_22574781.jpg
一本の桜の若木が植えられています。
b0169330_2257521.jpg
おととしの桜時期の「そうだ 京都、行こう」キャンペーン寺院となった東寺。その記念に植樹されたヤマザクラがここに植えられ4月には花を咲かせています。
b0169330_1141042.jpg
河津桜と記念の桜を見た後は、
b0169330_1141614.jpg
五重塔を後にして、
b0169330_22322162.jpg
入口近くにある不二桜のところへと戻ってきました。
b0169330_11411380.jpg
東北・岩手で生まれたこの桜は平成18年にここに植樹されました。
b0169330_22322769.jpg
4月には五重塔に寄り添うように、
b0169330_22581014.jpg
美しい花を咲かせます。東日本大震災が起こった一昨年からは夜桜ライトアップ(前編後編)も行われています。
b0169330_22323435.jpg
再び境内を歩いていくと、
b0169330_8264567.jpg
梅園が見えてきました。
b0169330_827192.jpg
五重塔を彩るように枝垂れ梅が、
b0169330_827116.jpg
桜とは違った落ち着いたピンクの花を咲かせていました。
b0169330_827446.jpg
b0169330_835575.jpg
b0169330_8371457.jpg
ピンクの梅越しに五重塔を見ると、
b0169330_8373355.jpg
ピンクの海に浮かんでいるような美しさでした。
b0169330_8271762.jpg
ピンクの梅の先には、
b0169330_8273085.jpg
白梅が清楚な花を咲かせ、
b0169330_8351125.jpg
春の陽光に輝いていました。
b0169330_835177.jpg
b0169330_2257625.jpg
b0169330_837395.jpg

b0169330_22563489.jpg
b0169330_22571252.jpg
振り返ると白梅の向こうに、
b0169330_22572032.jpg
不二桜が青空に高みにそびえていました。
b0169330_8374631.jpg
梅の香りと花の美しさ、
b0169330_8375181.jpg
そして、美しい姿の五重塔。
b0169330_838046.jpg
梅園は春爛漫の風景に包まれていました。
b0169330_22561888.jpg
b0169330_2256419.jpg
b0169330_225703.jpg
b0169330_22564821.jpg
b0169330_8365639.jpg
清々しい朝の空気の中、
b0169330_8354592.jpg
ゆっくりと東寺を散策することができました。

by kyoto-omoide | 2013-03-26 08:30 | 京都(桜) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 東寺(後編)      東寺(前編) >>