MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 27日

東寺(後編)

b0169330_7355716.jpg
東寺の塔頭・観智院へ。(2012年3月20日訪問)



b0169330_735291.jpg
北大門から櫛笥小路を進むと見えてくるのが東寺の塔頭・観智院。
b0169330_7353463.jpg
門前に立つと、
b0169330_7354023.jpg
ピンクの枝垂れ梅が見えてきます。
b0169330_735195.jpg
艶やかな枝振りで咲き誇り、
b0169330_735590.jpg
辺りに甘い香りを漂わせていました。
b0169330_735998.jpg
山門と玄関のわずかながらの空間に一本だけ植えられた枝垂れ梅。
b0169330_7354684.jpg
この狭い空間の中で一層艶やかに陽光に浮かび上がっていました。
b0169330_7355158.jpg
b0169330_7351838.jpg
b0169330_7352312.jpg
観智院は普段は門が閉ざされていますが、春と秋に特別公開され、宮本武蔵が描いたと伝わる「鷲の図」や本尊の五大虚空蔵菩薩像などを見ることができます。
b0169330_7344615.jpg
北大門をくぐり再び境内に戻り、
b0169330_734173.jpg
慶賀門へと歩いていくと、
b0169330_734378.jpg
宝蔵を取巻くお堀に五重塔がその美しい姿を映し込んでいました。
b0169330_7344282.jpg
最後にもう一度五重塔を見上げ、
b0169330_7343111.jpg
慶賀門から東寺を後にしました。
b0169330_7342685.jpg
東寺は春の特別拝観とおととしから夜桜ライトアップも行われ、華やいだ季節を迎えます。

by kyoto-omoide | 2013-03-27 09:30 | 京都(桜) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< そうだ 京都、行こう。 -20...      東寺(中編) >>