MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 04月 08日

二条城桜ライトアップ(前編)

b0169330_22584486.jpg
二条城のライトアップへ。(2012年4月14日訪問)



b0169330_22584568.jpg
昨年の春、二条城を訪れました。夕日が差し込む中、開門を待ちます。
b0169330_2345355.jpg
18時の開門を迎え、
b0169330_22585393.jpg
城内へと入ります。
b0169330_2259092.jpg
櫓を見て、
b0169330_2259044.jpg
灯りの路の先に、
b0169330_2259788.jpg
桜の園が広がります。
b0169330_2259875.jpg
ここにはサトザクラを初めとした遅咲きの桜が植えられています。
b0169330_22591512.jpg
ちょうど桜の向こうに春の夕日が落ちていきました。
b0169330_2259168.jpg
夕日の輝きが桜を照らし、
b0169330_22592593.jpg
薄暮の空に浮かび上がりました。
b0169330_22592780.jpg
風情ある桜の風景を、
b0169330_22593668.jpg
和服の女性が雰囲気を高めてくれました。
b0169330_22593712.jpg
夕日が沈み、
b0169330_22594777.jpg
少しずつ暗くなっていく桜に光が当たり始めます。
b0169330_22594932.jpg
東橋に架かる櫓門を見て、
b0169330_22595924.jpg
夕空を映す内堀沿いに進んでいくと、
b0169330_2301014.jpg
見えてくるのが清流園。
b0169330_2301247.jpg
思い出の場所、香雲亭のそばにはピンクの桜が咲き誇っていました。
b0169330_2304329.jpg
近づいて間近に眺めてみます。
b0169330_2303361.jpg
この桜は、仙台屋というサトザクラの一種で、
b0169330_2302388.jpg
美しいピンクの花を散らしていました。
b0169330_230346.jpg
暮れてゆく空の中、
b0169330_2305432.jpg
少しずつ光が当たり、
b0169330_2304538.jpg
薄暮の空の下に美しい桜風景を創り出していました。
b0169330_22583666.jpg
香雲亭を彩る桜を愛でた後は、
b0169330_23454289.jpg
清流園の奥へと進んでいきます。
b0169330_23454847.jpg
こちらには枝垂れ桜とソメイヨシノが、
b0169330_2346923.jpg
緑の芝生の上を、
b0169330_23475042.jpg
ピンク色に染めていました。
b0169330_23475711.jpg
b0169330_23455566.jpg
暮れてゆく空を背に、
b0169330_2346357.jpg
光に照らされた桜の花が、
b0169330_2348530.jpg
清流園を鮮やかに彩っていました。
b0169330_23424794.jpg


by kyoto-omoide | 2013-04-08 18:00 | 京都(桜) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 二条城桜ライトアップ(中編)      鎌倉散歩 #31 -桜の円覚寺... >>