MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 09日

京都の親子丼⑤ -八起庵 横浜髙島屋店-

b0169330_1123589.jpg
東京でいただく京都の親子丼。(2013年2月3日、3月4日訪問)



b0169330_11251478.jpg
訪れたのは「八起庵」の横浜髙島屋店。
b0169330_11255340.jpg
横浜髙島屋店の8階レストラン街ローズダイニングにお店はあります。
b0169330_11232985.jpg
京都の鶏料理店「八起庵」の唯一の支店で、京都の親子丼がいただける関東では数少ないお店の一つです。
b0169330_1122502.jpg
お店に入るとカジュアルさの中にも落ち着いた雰囲気が広がっていました。
b0169330_11232893.jpg
まず最初に鰹と昆布のお出汁のスープが出てきました。
b0169330_11234478.jpg
そして、ランチタイムでしかいただけない親子丼(デザートとのセット1890円。単品では1575円)を持ってきていただきました。
b0169330_11225825.jpg
b0169330_11233654.jpg
厳選された鶏肉にとろとろの半熟卵、
b0169330_11231369.jpg
そして、真ん中にどんと卵の黄身がのり、まさに京都(八起庵・京のつくね家)で食べた親子丼の姿で出てきました。
b0169330_11235149.jpg
スプーンですくっていただくと、濃厚な卵と鶏肉の風味が絶妙で京都らしく山椒の香りが味わいを深めてくれます。
b0169330_11235971.jpg
セットのデザートは、京いもとクリームチーズのムース。さっぱりといただきました。
b0169330_11244054.jpg
そして2回目に訪れた時は、
b0169330_11241892.jpg
「鴨なんば(1575円)」をいただきました。
b0169330_11242916.jpg
ぷりぷりの鴨肉にたっぷりの九条ねぎ。
b0169330_11245861.jpg
自慢のお出汁に、お肉の脂が溶けだし食欲をそそります。
b0169330_11245322.jpg
鴨肉は歯応えのある野趣あふれるお味で、
b0169330_11253285.jpg
京都らしい細いうどんと九条ねぎの相性も抜群でした。
b0169330_112533.jpg
甘めながら深い味わいのお出汁と鴨肉の風味を味わいながらいただきました。
b0169330_1125433.jpg
鶏の風味を堪能できる鶏の水炊きをいただける夜にも訪れたいです。

by kyoto-omoide | 2013-06-09 11:30 | 京都(IN東京) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 名残の瑠璃光院へ(前編)      京都の親子丼④ -鳥岩楼、常盤... >>