MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 07日

京都の親子丼③ -馳走いなせや-

b0169330_7505918.jpg
三条柳馬場の「馳走いなせや」さん。(2010年4月30日、2011年4月2日訪問)



b0169330_7511910.jpg
ビルの間に挟まれてお店の看板が見えてきます。
b0169330_75293.jpg
お店の反対側には、「カフェ バスティーユ」さんがあります。
b0169330_845655.jpg
お店があるのは路地の奥。
b0169330_845221.jpg
風情ある路地を入っていきます。
b0169330_844189.jpg
足元の石畳をよく見ると、
b0169330_75209.jpg
京都の町名が刻まれたプレートが並び、
b0169330_844444.jpg
一升瓶の行灯が奥へと誘います。
b0169330_7522723.jpg
b0169330_7514655.jpg
路地の奥に見えてくるのは築70年の町屋。
b0169330_75219.jpg
その町屋を改装したお店が、
b0169330_813079.jpg
「馳走いなせや」さんです。
b0169330_82291.jpg
靴を脱いでお店に入ると、
b0169330_82857.jpg
広々とした座敷の席が広がり、
b0169330_813787.jpg
奥には坪庭も見えます。
b0169330_815521.jpg
b0169330_823021.jpg
一枚板が見事なカウンターの席に案内していただきました。
b0169330_821934.jpg
見上げると明り採りから外の光が差し込みます。
b0169330_821374.jpg
町屋を改装した空間で丹波地鶏料理と厳選した日本酒(無濾過生原酒)をリーズナブルにいただけることで人気のお店になっています。
b0169330_823630.jpg
ランチメニューからいただいたのが一番人気の「いなせや御膳」(1800円)。まずは「小鉢」と「お造り」がでてきました。
b0169330_824164.jpg
鶏か魚から選ぶお造りは、丹波地鶏をチョイス。
b0169330_825815.jpg
やわらかいのに弾力のある丹波地鶏のお造り、お塩とわさび醤油で美味しくいただきました。
b0169330_825264.jpg
季節の小鉢も味わいがあります。
b0169330_831242.jpg
続いては、「縁高に盛り込んだ季節の品々」。
b0169330_837100.jpg
炊き合わせや、地鶏の焼き物、野菜の天麩羅など。
b0169330_833415.jpg
野菜も鶏肉も素材を生かした味付けで、どれも美味しくいただきました。
b0169330_834115.jpg
そしてご飯と赤だしも運ばれてきました。
b0169330_835455.jpg
ご飯は季節のまぜご飯で、季節によって変わります。
b0169330_84567.jpg
最後は一口デザート。
b0169330_841130.jpg
苺のムースをいただいてさっぱりしました。美味しい鶏料理と季節の品々をたっぷりいただけて1800円。上々のCPと思います。
b0169330_842489.jpg
そして、別の機会に訪れた時は「親子丼」(880円)をいただきました。
b0169330_842835.jpg
お品書きに「丹波地鶏と初玉子三個の極上丼」とあるとおり、少し固めの丹波地鶏の旨みが、ぷるぷるの半熟の卵に閉じ込められ、のせられた濃厚な生卵を絡ませていただくと、まさに極上の美味しさでした。
b0169330_843256.jpg
香り高い山椒をさっとかけ、美味しくいただきました。
b0169330_7523967.jpg
町屋の風情でリーズナブルな美味しい鶏料理をいただけるいなせやさん、
b0169330_7512731.jpg
美味しい鶏料理とお酒を味わいに夜にも訪れてみたいお店です。

by kyoto-omoide | 2013-06-07 11:30 | 京都(和食) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京都の親子丼④ -鳥岩楼、常盤...      京都の親子丼② -ひさご、とり... >>