MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 18日

鎌倉散歩 #33 -紫陽花の円覚寺(後編)-

b0169330_7155483.jpg
紫陽花の円覚寺巡りを続けます。(2012年6月8日、18日訪問)



b0169330_716617.jpg
居士林の横の小路を進んでいくと、
b0169330_1803367.jpg
高台にある塔頭龍隠庵への階段があり、
b0169330_716886.jpg
壁にはイワタバコが紫の小さな花を咲かせていました。
b0169330_7171741.jpg
b0169330_7164816.jpg
大群落がある東慶寺が有名なイワタバコを愛でながら上がっていくと、
b0169330_717761.jpg
龍隠庵に着きました。
b0169330_7165043.jpg
高台にある境内からは、
b0169330_717433.jpg
円覚寺の山門、仏殿を見渡すことができます。
b0169330_7172013.jpg
龍隠庵から続いて向かったのが、
b0169330_7173050.jpg
松嶺院です。
b0169330_7173458.jpg
花の寺として知られ、春と秋にのみ公開されます。
b0169330_1913544.jpg
また、有島武郎はこのお寺で『或る女』などを書き、開高健(作家)、田中絹代(女優)、佐田啓二(俳優)など著名人のお墓があることでも知られています。
b0169330_1915164.jpg
訪れた6月はたくさんの山紫陽花が咲いていました。
b0169330_19225846.jpg
カラフルな山紫陽花に混ざり、
b0169330_1921344.jpg
アザミなども咲き境内は初夏の様相に包まれていました。
b0169330_192528.jpg
花々を愛でながら奥へと進むと、
b0169330_1912450.jpg
高台にある墓地へと路が続いています。
b0169330_192266.jpg
お地蔵さんに手を合わせ、
b0169330_1913654.jpg
坂を上がっていくと、
b0169330_1921451.jpg
咲き誇る紫陽花の向こうに、山門を見渡しました。
b0169330_1914799.jpg
紫陽花の向こうに広がるお堂を見て下っていきます。
b0169330_1922633.jpg
b0169330_192038.jpg
再び山紫陽花を見て戻ります。
b0169330_1924077.jpg
紫陽花も日差しに照らされ、
b0169330_1923432.jpg
円覚寺の境内は初夏の花々に彩られていました。

by kyoto-omoide | 2013-06-18 08:30 | 鎌倉 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉散歩 #33 -紫陽花の円...      鎌倉散歩 #33 -紫陽花の円... >>