MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 07月 14日

祇園祭2011 -山鉾巡行(御池通)(四条綾傘~月鉾)-

b0169330_22303458.jpg
続いて、四条傘鉾が進んできました。(2011年7月17日観覧)



b0169330_22293573.jpg
まず、かわいらしい姿の子供たちが進んできました。
b0169330_22304587.jpg
四条傘鉾は古い鉾の形態を今に伝える傘鉾で、
b0169330_22294536.jpg
織物の垂りなどをつけた傘と棒振り踊りが巡行します。
b0169330_22305354.jpg
棒振り踊りは、赤熊(しゃぐま)を被った棒振りと花笠を被った鉦、太鼓、ササラの各2人づつ計8人の子供たちで構成されています。
b0169330_22295318.jpg
この踊りとお囃子は、室町時代に京都から広まった風流踊で、
b0169330_2231127.jpg
今も滋賀県の滝樹神社に伝わる「ケンケト踊」を参考に昭和63年に復元されたものです。
b0169330_2230143.jpg
可愛い子供たちのお囃子と、
b0169330_22311015.jpg
踊りに、沿道から歓声があがります。
b0169330_22301068.jpg
b0169330_22311885.jpg
b0169330_22302199.jpg
b0169330_22313086.jpg
b0169330_22314324.jpg
b0169330_22304477.jpg
古い歴史を持つ四条傘鉾は、応仁の乱より以前の時代に起原があるとされ、明治の初めの頃よりは巡行が途絶えていましたが、
b0169330_22315418.jpg
町内の人達のたゆまぬ努力が報い、昭和63年に117年振りに巡行が再開されました。
b0169330_7184079.jpg
棒振りの子供たちの後ろを風流傘が進んできました。
b0169330_719228.jpg
大きな傘の上には金鍍金花瓶に立てた若松と3本の赤い御幣が飾られています。
b0169330_7185151.jpg
四条傘鉾が過ぎると、
b0169330_719226.jpg
女性に人気の高い保昌山が進んできました。
b0169330_719324.jpg
丹後守平井保昌と和泉式部の恋物語に取材し、保昌が式部のために紫宸殿の紅梅を手折ってくる姿を表しています。
b0169330_7192074.jpg
b0169330_7194196.jpg
御神体(人形)は緋縅の鎧に太刀をつけ、梨地蒔絵の台に紅梅を一杯にもってこれを捧げています。頭は明応9年(1500年)、胴は寛政(1789~1800年)頃、町内に住んでいた彫刻師勇祐の作と伝わります。
b0169330_7192953.jpg
宵山には、保昌と和泉式部の結ばれた恋の物語にちなんで梅の花が描かれた縁結びのお守りが授与され、女性に大変人気の高い山として知られます。
b0169330_719528.jpg
胴懸の張騫巨霊人に鳳凰虎を配した刺繍は円山応挙(1733~95年)の下絵と伝わり、近年に復元新調されました。
b0169330_7202235.jpg
保昌山を見送ると、御池通の彼方から大きな鉾が近づいてきました。
b0169330_7195891.jpg
天高く鉾頭をそびえながら、
b0169330_7202765.jpg
月鉾が進んできました。
b0169330_23255195.jpg
最大級の大きさを誇る月鉾は、
b0169330_23254381.jpg
鉾頭に直径40㎝の三日月を付けていることから、この名で呼ばれています。
b0169330_2326079.jpg
大勢の曳き手を従えて、
b0169330_23255243.jpg
ゆっくりと進んでくる月鉾。
b0169330_2326173.jpg
2008年に史上初めて行われた山鉾の重量測定の結果、
b0169330_23262013.jpg
山鉾の中で最も重く11.88tもあったそうです。
b0169330_23261440.jpg
大きな車輪を軋ませながら、
b0169330_23263266.jpg
ビルの高さにも負けない大きな鉾が、
b0169330_23262582.jpg
ほんの目の前を通過していきます。
b0169330_23264298.jpg
b0169330_23263639.jpg
b0169330_23265349.jpg
b0169330_23264730.jpg
特等席から見る山鉾巡行、やっと3分の1ほどが過ぎました。

by kyoto-omoide | 2013-07-14 11:10 | 京都(祭) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 祇園祭2011 -山鉾巡行(御...      祇園祭2011 -山鉾巡行(御... >>