MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 01月 15日

森嘉のお豆腐⑥ -湯豆腐嵯峨野(後編)-

b0169330_23562964.jpg
庭園へ。(2013年1月19日訪問)



b0169330_23563824.jpg
湯豆腐をいただいた後は庭園を見せていただきました。
b0169330_23565238.jpg
本館の前に庭園が広がります。
b0169330_23564661.jpg
小さな門をくぐり、
b0169330_23565995.jpg
花の手向けられた石仏に手を合わせ、
b0169330_053380.jpg
庭園に入ります。
b0169330_052515.jpg
見えてくるのが湯豆腐嵯峨野の本館で、
b0169330_0111937.jpg
かつての旅館の建物だそうです。
b0169330_054541.jpg
約900坪の敷地に広がる庭園は歩いて回ることができ、
b0169330_0111212.jpg
冬でも手入れの行き届き、瑞々しい緑の苔の中を歩いていきます。
b0169330_0114629.jpg
本館の前に進むと、
b0169330_0114085.jpg
庭園の全景が見えてきます。
b0169330_0113276.jpg
緑の苔と松と竹が広がります。本館はお座敷の席となっていて、この庭園を眺めながら湯豆腐をいただくことができます。
b0169330_05503.jpg
竹の向こうに見えるのが先ほど湯豆腐をいただいた新館の建物です。
b0169330_053837.jpg
回遊路を歩いていくと、
b0169330_0115916.jpg
苔の中にたくさんの石仏が冬の日差しに佇んでいました。
b0169330_0112556.jpg
庭園を一周し、
b0169330_0115317.jpg
新館のほうへ戻ります。
b0169330_012616.jpg
昭和40年創業の湯豆腐嵯峨野は、
b0169330_0123125.jpg
嵯峨野に広がる和の風情の中で、
b0169330_0123982.jpg
森嘉の美味しいお豆腐がいただけることで大変人気の高いお店です。
b0169330_0121281.jpg
喫煙場所からも美しい風景が広がり、
b0169330_0121827.jpg
贅沢な一服が楽しめそうです。
b0169330_0124785.jpg
新館の離れのほうに入ると、
b0169330_0143578.jpg
コンロの備えられた席が並び、
b0169330_0142990.jpg
壁際にはたくさんの徳利が。
b0169330_0144237.jpg
先代さんのコレクションだそうです。
b0169330_0145493.jpg
ゆっくりと湯豆腐をいただき庭園を歩くことができました。
b0169330_23315187.jpg
満足してお店を出ました。
b0169330_23315780.jpg
お店の真向かいには、
b0169330_233223.jpg
嵐山羅漢と呼ばれる、
b0169330_23325495.jpg
たくさんの羅漢様。
b0169330_2333299.jpg
一つ一つの表情に癒されます。
b0169330_2332138.jpg
湯豆腐嵯峨野の真向かいにあるのが、
b0169330_23324753.jpg
天龍寺塔頭の一つ、
b0169330_2333967.jpg
宝厳院。
b0169330_2332742.jpg
中には新緑と紅葉の美しさで知られる「獅子吼の庭」が広がります。
b0169330_23322143.jpg
大勢の人で賑わう嵐山のすぐにありながら静けさが広がっていました。

【おまけ】
b0169330_85690.jpg
湯豆腐嵯峨野の庭園は、春には美しい紅枝垂桜に包まれます。
b0169330_851177.jpg
羅漢様の向こうに咲き誇る艶やかな紅枝垂桜。
b0169330_851799.jpg
b0169330_85231.jpg
b0169330_852786.jpg
いつか、この桜を愛でながら森嘉の湯豆腐を味わってみたいです。
b0169330_853319.jpg
b0169330_853880.jpg
b0169330_854330.jpg


by kyoto-omoide | 2014-01-15 12:00 | 京都(和食) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 森嘉のお豆腐⑦ -南禅寺ぎんもんど-      森嘉のお豆腐⑥ -湯豆腐嵯峨野... >>