MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 04月 08日

桜の大原野巡り -光明寺(前編)-

b0169330_1242166.jpg
桜の光明寺へ。(2012年4月15日訪問)



b0169330_1045573.jpg
紅葉が大変有名な栗生光明寺。総門が桜に包まれていました。
b0169330_10461173.jpg
西山浄土宗の総本山、光明寺は、法然が初めて「念仏」の教えを説いた地として知られています。
b0169330_10461944.jpg
石段を上がり、
b0169330_124811.jpg
総門をくぐると、
b0169330_1132999.jpg
参道が二手に分かれます。
b0169330_1984843.jpg
左手の道は秋になると鮮やかな紅葉のトンネルになる「紅葉参道」。
b0169330_1133572.jpg
右手の表参道を上がっていきます。
b0169330_1134253.jpg
総門の正面から本堂に向かっているこの坂道が表参道で、
b0169330_1135431.jpg
緩やかな傾斜で女性でもお年寄りでも楽に登れるように配慮されていることから、通称「女人坂」と呼ばれています。
b0169330_114235.jpg
暗い木立に続く路を上っていった先に、
b0169330_114117.jpg
桜の花の向こうに更に坂道が続いています。
b0169330_11272932.jpg
桜の下を通り、
b0169330_11274332.jpg
上っていった先にようやく本堂の屋根が見えてきました。
b0169330_11563632.jpg
上りきると、桜に包まれた境内が見えてきて、
b0169330_11291338.jpg
参道に桜の花びらが舞い散っていました。
b0169330_11285981.jpg
左手に鐘楼を見て、
b0169330_1129561.jpg
本堂(御影堂)へと進みます。
b0169330_11283150.jpg
御影堂にはご本尊の「法然上人自作の張子の御影」がお祠りされています。
b0169330_11283799.jpg
お堂の周りは美しい桜に包まれ、
b0169330_11284359.jpg
重厚なお堂に映えていました。
b0169330_11285053.jpg
阿弥陀堂のそばでは、
b0169330_11564389.jpg
シャガの花が咲き、
b0169330_11565269.jpg
散り桜とのコラボを見せていました。
b0169330_1157157.jpg
b0169330_123510.jpg
b0169330_123136.jpg
b0169330_1232093.jpg
御影堂に降りかかる桜。
b0169330_1232971.jpg
その向こうに、
b0169330_1233697.jpg
法然上人が佇んでおられました。
b0169330_1234227.jpg
御影堂に上がり、お参りを済ませました。
b0169330_1234868.jpg
お参りの後は、石段を下りていくと、
b0169330_1235513.jpg
ミツバツツジの向こうに書院の建物が見えてきます。
b0169330_10451267.jpg
振り返ると本堂を見上げ、
b0169330_10444854.jpg
玄関と勅使門の間には美しい枝垂れ桜が咲き誇っていました。
b0169330_012124.jpg
b0169330_10445949.jpg
桜の奥には勅使門が、
b0169330_1045840.jpg
芽吹き始めた木々に包まれていました。
b0169330_10445440.jpg
美しい桜に包まれた境内を歩き、
b0169330_10453100.jpg
この後は紅葉参道へと進んでいきました。

by kyoto-omoide | 2014-04-08 12:15 | 京都(桜) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 桜の大原野巡り -光明寺(後編)-      桜の大原野巡り -正法寺(後編)- >>