MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 04月 13日

そうだ 京都、行こう。 -2014年桜 十輪寺(夜の「なりひら桜」特別観賞会(薄暮編))-

b0169330_23183029.jpg
「そうだ 京都、行こう。2014年桜 十輪寺」





b0169330_2318945.jpg
桜行きのカードが届きました^^
b0169330_2318464.jpg
今年の桜の「そうだ 京都、行こう。」のお寺は十輪寺。
b0169330_23185569.jpg
会員限定で行われた「夜の「なりひら桜」特別観賞会」に行ってきました。(2014年4月5日訪問)
b0169330_2333915.jpg
夕刻、桂川駅に集合し、
b0169330_225832.jpg
専用のバスで十輪寺に向かいました。
b0169330_2258930.jpg
境内に入ると、ほのかな明かりに包まれ、
b0169330_22581929.jpg
庫裡から業平御殿へ上がります。
b0169330_22581425.jpg
見えてくるのが桜の降りかかる庭園。
b0169330_22582554.jpg
一本の大きな枝垂れ桜を見上げます。
b0169330_22583030.jpg
副住職さんのお話を聞きながら、
b0169330_22583547.jpg
桜と向き合いました。
b0169330_2343489.jpg
「なりひら桜」と呼ばれるこの桜は、樹齢約200年。
b0169330_2313295.jpg
大小の石が並ぶ苔むした庭の中心に力強く根を張ります。
b0169330_2361833.jpg
「なりひら桜」が咲くのは、
b0169330_2362719.jpg
高廊下・業平御殿・茶室に囲まれた小さなお庭。
b0169330_2341591.jpg
業平御殿より見上げれば、
b0169330_2342619.jpg
庭を覆うように咲き誇ります。
b0169330_2351198.jpg
それはまるでピンクの天蓋のようです。
b0169330_22584080.jpg
椿に彩られた蹲踞にも散り桜が降りかかります。
b0169330_2335892.jpg
業平御殿から見上げた後は、高廊下側から眺めます。
b0169330_2345316.jpg
こちら側からは茶室に降りかかるように桜を眺め、
b0169330_2344326.jpg
高廊下へと進みます。
b0169330_2353166.jpg
一段上がった廊下には、
b0169330_2352261.jpg
竹行燈が並べられ、
b0169330_2314210.jpg
足元を優しく照らしていました。
b0169330_236837.jpg
高廊下を渡り本堂へと進みます。
b0169330_2354718.jpg
本堂側から見ると、
b0169330_2355545.jpg
高廊下の屋根から溢れんばかりに咲き誇る「なりひら桜」を見渡しました。
b0169330_23141618.jpg
本堂でお参りを済ませ、高廊下を戻り、
b0169330_2314944.jpg
一旦、外に出ます。
b0169330_231542.jpg
まだ明るい空の下で、
b0169330_232137.jpg
ピンクの桜がほのかな灯りに浮かび上がっていました。
b0169330_232736.jpg
b0169330_2321454.jpg
本堂越しに眺めた後、
b0169330_2323459.jpg
裏山を上がっていくと、
b0169330_23101484.jpg
山に抱かれた風景の中に、
b0169330_2324187.jpg
光に浮かび上がる「なりひら桜」を見下ろしました。
b0169330_23112951.jpg
少しずつ暮れていく中で、
b0169330_23131257.jpg
一際鮮やかに浮かび上がってきました。
b0169330_23132253.jpg
大原野の小塩山の懐に抱かれ、ライトアップされた「なりひら桜」は、
b0169330_2322897.jpg
感動的な美しさで、
b0169330_2382387.jpg
風景の中に溶け込んでいました。
b0169330_23111862.jpg
前日の大風で散りが進んでいたそうですが、
b0169330_2310587.jpg
光に照らされ、美しい姿を見せてくれていました。
b0169330_23102869.jpg
角度を変えて眺めながら、
b0169330_23103733.jpg
裏山を上っていきます。
b0169330_23104711.jpg
b0169330_23105631.jpg
上った先にあるのが、平安時代の塩焼きに使われた塩竈の跡。
b0169330_2311721.jpg
ここからは四方をお堂に囲まれるように「なりひら桜」を見下ろしました。
b0169330_238773.jpg
裏山を下り、本堂前へと戻ってきました。
b0169330_2375815.jpg
一回りしているうちに、空も暮れてゆき、
b0169330_23135218.jpg
「なりひら桜」も光の中にさらに浮かび上がってきました。
b0169330_23133980.jpg
b0169330_2372819.jpg
b0169330_237394.jpg
池の中を覗くと、
b0169330_23133049.jpg
桜が映り込んでいました。
b0169330_23135922.jpg
b0169330_23751.jpg
限られた人数だけの貸し切りの今回のライトアップ。
b0169330_236458.jpg
静かな境内はゆっくりと宵闇に包み込まれていきました。

by kyoto-omoide | 2014-04-13 18:00 | 京都(特別公開) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< そうだ 京都、行こう。 -20...      桜の大原野巡り -善峰寺- >>